『オメガ3の真実:続プーファ・フリー』の実体験

 

拙著『オメガ3の真実:続プーファ・フリー』を出版して数週間が経過しましたが、嬉しいお便りをいただいたのでご紹介させて頂きます。

ご本人は匿名でなく、そのままご紹介して問題ないということでしたので、そのまま掲載させて頂きます。

(転載開始)

初めまして‼️

国産牧草牛のボーンブロス を製造販売しております、諸江栄美と申します。

 

先生のご著書を拝読させて頂きました。

私は以前、10代の頃からの肌荒れに悩んでおりました。(今は治っております)

そこで、民間療法をしている人に相談をし、その方が売られている純粋なオメガ3を飲みました。

そうすると、数値的にはHDLLDLを上回り、周りにも良い数値だと驚かれたのですが、肝心な肌の炎症はさらに酷くなり大荒れでした。

その民間療法の方は好転反応だ、と仰ってたのですが、流石に続けるのがキツくなり、自分の身体の反応に従って辞めました。

その時は、良いと言われているオメガ3が、なんで効かないのか?

むしろ炎症が酷くなるのか、分からず説明がつかなかったのですが、先生のご著書(『プーファフリーであなたはよみがえる』)でやっと理解する事が出来ました。

ありがとうこざいます

(転載終了)

この御体験は大変貴重です。

なぜなら、基礎のサイエンス通りだからです。

オメガ3という猛毒が入ってくると、体内は抗ストレス物質やデトックス機能を全開にします。

オメガ3を排出すべく最初に登場するのがまさに善玉コレステロールといわれるHDLです。

HDLは、蛇毒、蜂毒やエストロゲンなどの毒性物質が体に入ってくると生産がアップします。

これらの毒を吸着してデトックス器官である肝臓に運搬するからでしたね(^_-)-☆。

HDLが高いというのは、かなりストレス下にあるという重要なサインなのです。

そして民間療法が言うところの「好転反応」というものは存在しません。

好転するのではなく、”悪化”していく兆候なのです。

この好転反応と呼んでいるもののメカニズムは、大量にプーファが血液中に出ることです(→それによって好転するはずがない(^^♪)。

これによって様々な心身の不調が起こります。

好転反応、ホルミシス効果・・・・・

生命の本質を理解すると、このような”迷言”に惑わされることがなくなります。

その他、フィッシュオイル、アマニ油などでアトピー性皮膚炎が悪化したり、ガンが増大・転移したという方からもたくさんご相談を受けています。

なぜそのようなことが起こるのか?

先入観を取り払って、虚心坦懐に『オメガ3の真実』をお読み頂ければ、

あなたはもう迷うことはなくなります

(^^♪。

 

関連記事

  1. 『なぜカラスはヒトと変わらない知性を持っているのか?』

  2. 『子供の“ひきつけ”について』

  3. 『うつ病もウイルス感染症か??』

  4. 『武漢のラボに資金を出しているのは誰か?』

  5. 『リアルサイエンスは抑圧された:医療―政治複合体』

  6. 『なぜインフルエンザで関節が痛くなるのか?』

  7. 『ジレンマに陥る世界保健機構(WHO)』

  8. 『ロックダウンは2036年まで続くーしかし計画は失敗に終わる』