『木々の見事なS字カーブ』

 

 

ワンチャンの散歩で山を歩くと、見事にエーテルの誘電場に沿ってS字型に成長している木々に目を奪われます(もちろん愛犬の生命力にも目を奪われています(^_−)−☆)。

 

 

 

 

 

よく観察すると、木肌にもS字螺旋(スパイラル)の模様が刻まれています。

 

 

特に広葉樹にこのような特徴が認められるのは、太陽光のエネルギーがふんだんに樹木の水(biological water, bound water, EZ water)に蓄えられるからです。

 

 

エーテル統一理論で、自然を観察すると、今まで見えてこなかった自然の神秘が顔をのぞかしてくれます(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『なぜハダカデバネズミはガンに罹りにくいのか?』

  2. 『世界で最もハッピーな国はどこか?〜再検証シリーズ』

  3. 『砂糖は体によい!』

  4. ◆パレオ協会ニュースレター◆  『胃酸の減少が慢性病を引き起こす〜そ…

  5. 『摂取してはいけない医薬品:不純物添加問題〜リアルサイエンスシリーズ』…

  6. 『悪質な「糖悪玉説」を撃退する2〜リアルサイエンスシリーズ』

  7. 『発酵食は新型コロナウイルス感染に有効か?』

  8. 『本当の遺伝子ワクチンの効果は1%程度』