『短期間で第二次世界大戦の4倍の死亡率を誇るものは?〜再検討シリーズ』

 

20年間も続いた泥沼のベトナム戦争での米国兵の死亡者数は、58,220人となっています(『Vietnam War U.S. Military Fatal Casualty Statistics』 National Archives, Military Report)。

 

その3倍近くの死亡者数をわずか数ヶ月で達成したのはどのような戦争だったのでしょうか?

それは・・・・・・・・・・・・・・・・

 

遺伝子ワクチンという生物兵器による戦争です。

米国とイスラエルの独立した医師たちの研究によって、2021年2月〜8月(6ヶ月間)における遺伝子ワクチンによる米国民の死亡者数は、15~18万人(146K to 187K)にのぼることが明らかにされています(COVID vaccination and age-stratified all-cause mortality risk. DOI: 10.13140/RG.2.2.28257.43366)。

 

 

ちなみに、第二次世界大戦でも米国では年間8万人程度(1941–1945年で405,399人)の死亡者数でした(単純計算すると第二次世界大戦の4倍の死亡率!)。

 

遺伝子ワクチン接種死亡率(vaccine-induced fatality rates (VFR))は、平均して0.04%でした。

 

死亡率は、加齢に比例して上昇しています。

 

CDC(米国疾病予防管理センター)の発表(VAERS)では、遺伝子ワクチン接種死亡率 (VFR)は、0.002%としています(Surveillance for Adverse Events After COVID-19 mRNA Vaccination. JAMA. 2021 Oct 12;326(14):1390-1399)。

 

したがって、ワクチン有害事象報告制度(VAERS)への遺伝子ワクチン接種死亡報告数は、約20倍の過少申告になります。

 

新型コロナ感染関連死亡率と比較した場合、子供、若年者あるいは職業上の接触感染がほとんどない成人、そして既感染者は、遺伝子ワクチン接種した方が死亡率は高まります。

 

彼らは、近代戦争よりも効率よく人口削減と大儲けができたとほくそ笑んでいるでしょう。

私たちは拙著『ウイルスは存在しない』でお伝えしたように、現在も権力者の私たちに対する戦争が継続していることを忘れないようにしましょう(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『感情は伝播・感染する〜リアルサイエンスシリーズ』

  2. 『ビワの種のレシピ??』

  3. 『モデナの遺伝子ワクチンは95%の効果!ファイザーより効果あり!』

  4. 『火事場の馬鹿力が出ない:心筋梗塞も感染症も同じ病態である理由』

  5. 『食品添加物シリカの危険(その二)〜毒性物質シリーズ』

  6. 『コロナウイルスの真実』講義

  7. 「体に蓄積したプーファはどうなるのか?」

  8. 『あるボディビルダーの告白』