『拙著「ワクチンの真実」に関する質問への回答』

新型コロナ人工ウイルスの設計に関して、専門家や医師たちも誤解している内容のご質問を受けましたので、この場を借りて回答いたします。

(ご質問内容)

P260の記述で、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の発現が高いほど病気に罹患しないのであれば、アンジオテンシン変換酵素2の発現が白人・黒人より5倍も高いアジア人が新型567のターゲットであるという表現がおかしいと思います。

 

『本当はこわくない新型コロナウイルス』井上正康氏によれば、「コロナウイルスがヒトに感染する際に必要なACE2受容体は、子供にはわずかです。新型コロナで若年層が重症化しないのは、このためです。一方、運動不足による肥満・高血圧・糖尿病および高齢者にはACE2が増加します」とあります。

 

どちらか正しいのでしょうか?

(掲載終了)

 

 

新型コロナ人工ウイルスは、私たちの細胞のアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体に結合するよう設計されています(実際には細胞には受容体など存在しませんが、現代医学のナレーションに沿って話を進めます)。このことで、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の作用をブロックします。

 

アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の作用は、ストレス応答システムのレニンーアンジオテンシンーアルドステロン系(RAA系)の興奮を抑えることです。

 

 

レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系(RAA系)は、炎症・線維化を加速させて、糖のエネルギー代謝をブロックします。従って、新型567人工ウイルスは、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)をブロックすることで、レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系(RAA系)を過剰刺激して「病気の場(シックネス・フィールド)」を形成します。

 

この御紹介いただいた井上氏に見られるのは典型的な誤認です。「アンジオテンシン変換酵素2(ACE2) 」と「アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体」を混同しているのです。

 

 

今回の人工ウイルスは、「アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体」に結合して、「アンジオテンシン変換酵素2(ACE2) 」の作用をブロックするデザインになっていると本文で説明すると、より明確になったと思います。

 

子供や健康人には、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)が多いので、レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系(RAA系)を抑えることで病態を引き起こしにくいのです。アジア人にはアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体(人工ウイルスの結合部位)が多いのであって、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)が多いということではありません。

 

ですから本文の

「細胞のアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の発現は、アジア人が白人や黒人の5倍の発現率なのです」

→「細胞のアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体の発現は、アジア人が白人や黒人の5倍の発現率なのです」の“受容体”という言葉を足すとより私のお伝えしたかったことがクリアになると思います。

 

私の校正した原文も掲載しておきます。

 

(掲載開始)

アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)が人工ウイルスなどによって、不活性化されると、レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系(RAA系)というストレスシステムを活性化し、糖のエネルギー代謝(=甲状腺機能)を低下させて、全身に炎症を引き起こします(Lancet 2020 Mar 11)(JAMA. 2020;323(11):1061-1069)(JAMA. 2020;323(18):1769-1770)(Nat Med, 11 (8), 875-9 Aug 2005)(Crit Care. 2017; 21: 30)(Trends Cardiovasc Med, 13 (3), 93-101 Apr 20)(J Pathol. 2020 May 17;10.1002/path.5471)。細胞のアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の発現少ないほど、肺・腎臓障害が重症化します(J Pathol. 2004 Jun;203(2):631-7)(Nat Med, 11 (8), 875-9 Aug 2005)(Nephrol Dial Transplant. 2013 Nov;28(11):2687-97)。子供や若者がほとんど新型コロナウイルス感染症に罹患しないのは、細胞のアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の発現が高いからです(J Pathol. 2004 Jun;203(2):631-7)(International Journal of Oral Science volume 12, Article number: 8 (2020))。

 

そして、細胞のアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体の発現は、アジア人が白人や黒人の5倍の発現率なのです(Infection. 2020 Feb 18)(Nature, 426 (6965), 450-4 2003 Nov 27)。

新型コロナウイルスのターゲットがアジア人であるということだけにとどまりません。女性よりも男性に新型コロナウイルス感染症が多い傾向にあることは複数の研究で明らかになっています(Lancet. 2020 15-21 February; 395(10223): 497–506)。細胞のアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体の発現は、肺や腎臓だけでなく、精巣組織に高いため、男性に多くなることが分かったのです(Reprod Sci. 2020 Jul 10 : 1–4)(medRxiv preprint doi: https://doi.org/10.1101/2020.04.16.20060566)。精巣に炎症を引き起こして、テストステロンおよび精子産生能力を低下させます(Andrologia. 2020 Nov 19 : e13909)。つまり、これは新しい抗精子ワクチンと同じ作用をもたらす男性不妊の設計ウイルスであることが推測されるのです。

(掲載終了)

 

関連記事

  1. 『新型コロナウイルス感染症の“隔離政策”はフェイクサイエンス』

  2. 『実際の遺伝子注射を接種したあとはどうなっているのか?』

  3. 『ガンを増大させる処方薬とは?』

  4. 『今なら“旅行許可キャンペーン”実施中』

  5. 『新型コロナウイルスは存在する!』

  6. 『ついにポルトガルの裁判所がPCRに斬り込んだ!』

  7. 『CTやX線被曝は安全といえるのか?』

  8. 『なぜ土いじりで健康になるのか?』