『メディアのプロパガンダの例:医療従事者向けニュースサイト編』

医師や医療スタッフ向けのニュースサイトがいくつかあります。

 

 

最近、この医師向けのニュース(ほとんどは海外の論文を要約したもの)で取り上げる論文や記事の質の低さに辟易としています。

 

 

本日も驚くような内容が紹介されていました。

 

 

 

メディアが流すニュースと実際のエビデンスがかけ離れていることがよく分かる例ですので、ご紹介したいと思います。

 

(転載開始)

 

医師向けニュースサイト(ケアネット8/16/2021)

 

「米CDCが妊婦のコロナワクチン接種推奨「リスクよりベネフィット上回る」」

 

妊娠中および授乳中の女性にとって、新型コロナワクチン接種による副反応を含めた身体への影響は、もっとも懸念するところである。しかし、感染力が強く急激に悪化するデルタ株の世界的まん延は、接種をためらう猶予すら与えない脅威になっているようだ。米国・疾病対策センター(CDC)は8月11日付でウェブサイトを更新し、ワクチン接種によって流産などのリスクが高まる懸念は見られなかったとする新たなデータを公表した。CDCは「ワクチンによって得られるベネフィットがリスクを上回ることを示唆している」として、妊婦の接種を強く推奨している。

 

CDCのデータによると、妊娠20週までに、ファイザー製およびモデルナ製のmRNAワクチンを少なくとも1回接種した妊婦2,456例について自然流産(SAB)の累積リスクを評価したところ、12.8%(95%信頼区間:10.8~14.8)であった。経済水準が同等の国における一般的なSABの割合は11~16%と見られ、CDCは「妊娠中にmRNAワクチンを接種した女性において流産のリスクが高まることはなかった」とし、安全上の懸念は見られないという認識を示した。

 

新型コロナワクチンの接種が急ピッチで進められる中、妊娠中のCOVID-19ワクチン接種の安全性と有効性に関するエビデンスも徐々に増えている。CDCは、「COVID-19ワクチンを受けるベネフィットが、妊娠中のワクチン接種の既知または潜在的なリスクを上回ることを示唆している」とし、妊娠している人を含め12歳以上のすべての人にワクチンを推奨し、1回目接種後に妊娠が判明した場合でも、2回目の接種を受ける必要があるとしている。

 

(転載終了)

 

 

この記事の元ネタになった論文は、7月2日の過去記事でご紹介した『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』誌に掲載されたものです(Preliminary Findings of mRNA Covid-19 Vaccine Safety in Pregnant Persons. N Engl J Med 2021; 384:2273-2282)。

 

過去記事の内容を再掲します。

 

 

この論文を詳細に見ていくと、自然流産(妊娠20週未満)は、827名中の104人で、全体の12.6%(104/827)でした。

 

ところが、827名中の700名は、妊娠後期[第3期、妊娠 28 週以降]に接種したと記載されてあります(Table4)。

 

したがって、自然流産(妊娠20週未満)の実際の割合は、827-700名中、つまり127名中の104人となり、82%と高率の流産率です。

 

 

この粉飾データを元にしてCDCは、堂々と妊婦に遺伝子枠●●を推奨しているのです(『COVID-19 Vaccines While Pregnant or Breastfeeding』 CDC, Updated Aug. 11, 2021)。

 

 

このように事実と反する内容を当局が喧伝し、それを何の精査もせずにマスコミが垂れ流す。

 

 

そのフェイクニュースを何の精査もなしに、専門家や大衆が受け入れるという構図がよく見えると思います。

 

 

医学界を含むサイエンスのほぼ全ての分野では、権力者(それが支配する製薬会社)のナレーションに沿った結論を出さないと研究への資金がおりません。

 

 

その傾向が、このフェイクパンデミックでいっそう加速しています。

 

 

従って、研究論文の題名や結論ではなく、論文のデータ(これも操作されている場合がある(^_−)−☆)を自分なりに分析していく必要があります(^_−)−☆。

 

 

 

関連記事

  1. 『“フェイク肉”を食べようー本物の肉は新型ウイルスに感染している?by…

  2. 『宇宙汚染と地球の電子レンジ化』

  3. 『オメガ3のサプリメントの健康神話!』

  4. 『PCRはもう古い:スマホで分かる次世代検査』

  5. 『食欲と性欲はリンクする?〜エネルギー栄養学シリーズ』

  6. 『日常のストレス解消に最も効果的な方法』

  7. 『アラスカでのガンの上昇は?』

  8. 『なぜ生命体は”共食い”をするのか?』