『仕事の合間の雑談シリーズ〜「体内に蓄積しているエストロゲンをデトックスするためには?」』

 

エストロゲンが、新型コロナウイルス感染などの感染症、心筋梗塞、脳卒中やガンの原因になることは、現代医学(もちろん少数派です(^_−)−☆)でさえ認めている事実です。

 


とくにプーファ過剰ではエストロゲンが過剰に体内産生されます。

妊婦がプーファやエストロゲンを摂取すれば、それは子々孫々まで悪影響を与えます(Maternal high n-6 polyunsaturated fatty acid intake during pregnancy increases voluntary alcohol intake and hypothalamic estrogen receptor alpha and beta levels among female offspring. Dev Neurosci. Sep-Dec 2000;22(5-6):488-93)。

もちろん、エストロゲン製剤やエストロゲン様物質の暴露を減らすことが大前提ですが、すでに体内に蓄積してしまったエストロゲンやエストロゲン様物質を除去するには、どうしたらよいのでしょうか?

 

今回はその素朴な疑問についてお伝えしています。

 

 

体内に蓄積しているエストロゲンをデトックスするためには?

 

 

関連記事

  1. 『抗酸化物質を摂取すると体が錆びる!』

  2. 『躁うつ病の原因はあのハッピーホルモン!』

  3. 『フッ素の害を軽減する方法』

  4. 『揚げ物を食べると死亡率が高まる!』

  5. 『笑いは最上の薬』

  6. 『健康に不思議の健康あり、病気に不思議の病気なし』

  7. 『コンビニで電子レンジでチンすると・・・・』

  8. 『高血糖というのは結果であって原因ではない!』その2