『仕事の合間の雑談シリーズ〜「体内に蓄積しているエストロゲンをデトックスするためには?」』

 

エストロゲンが、新型コロナウイルス感染などの感染症、心筋梗塞、脳卒中やガンの原因になることは、現代医学(もちろん少数派です(^_−)−☆)でさえ認めている事実です。

 


とくにプーファ過剰ではエストロゲンが過剰に体内産生されます。

妊婦がプーファやエストロゲンを摂取すれば、それは子々孫々まで悪影響を与えます(Maternal high n-6 polyunsaturated fatty acid intake during pregnancy increases voluntary alcohol intake and hypothalamic estrogen receptor alpha and beta levels among female offspring. Dev Neurosci. Sep-Dec 2000;22(5-6):488-93)。

もちろん、エストロゲン製剤やエストロゲン様物質の暴露を減らすことが大前提ですが、すでに体内に蓄積してしまったエストロゲンやエストロゲン様物質を除去するには、どうしたらよいのでしょうか?

 

今回はその素朴な疑問についてお伝えしています。

 

 

体内に蓄積しているエストロゲンをデトックスするためには?

 

 

関連記事

  1. 『人生の充実感はどこから来るのか?』

  2. 『オメガ3と免疫(その2)〜オメガ3神話をやめると病は治る』

  3. 『あなたの”体力・精神力のなさ”の原因は?』

  4. 『離乳食を早めてはいけない!』

  5. 『その「グラスフェッド」安心できる??』

  6. 『血圧の薬でお腹が痛くなる理由!』

  7. 『遺伝子ワクチンのウイルスが体内で増殖する』

  8. 『セロトニン仮説崩壊〜メディカルカバールシリーズ』