『アストラゼネカ製でも脳卒中にご留意を』

 

米国のワクチン接種後有害事象報告システム(VARES)には、すでに遺伝子注射による血栓症が複数報告されています。


過去記事でもお伝えしましたが、若年者に対して脳血栓、とくに脳の静脈系(正確には静脈洞)や内臓の静脈系の血栓が発生しています。

 

日本では昨日お伝えしたように、ファイザーの遺伝子注射で脳内出血による死亡例が発生しています。

その日本では、アストラゼネカーオックスフォード製およびモデナの遺伝子注射を緊急承認しています。

ファイザーとはデザインの違うアストラゼネカーオックスフォード製の遺伝子注射でも脳卒中は起こるのでしょうか?

 

アストラゼネカーオックスフォード製の遺伝子注射後に脳の動脈にも血栓が起こった若年の3症例が報告されました(Ischaemic stroke as a presenting feature of ChAdOx1 nCoV-19 vaccine-induced immune thrombotic thrombocytopaenia. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2021;0:1–2.doi:10.1136/jnnp-2021-326984)(schaemic stroke can follow COVID-19 vaccination but is much more common with COVID-19 infection itself. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2021;0:1.doi:10.1136/jnnp-2021-327057)。

みなさんにもご参考になると思いますので、その詳細をお伝えします。

最初の症例は、30歳代の女性です。

遺伝子注射接種6日後に右側の目の周囲〜頭部の痛みが始まりました。その5日後に、左の顔、半身にまったく力が入らなくなりました。検査の結果、右の中大脳動脈(middle cerebral artery)が完全に閉塞していたのです。

 

緊急手術(減圧手術)したのも虚しく、命を落としました。

 

二つ目の症例は、同じく30歳代の女性。

 

遺伝子注射接種12日後に、頭痛、意識混濁、左の腕の麻痺、左の失明が起こりました。両側の頸動脈だけでなく、心臓や肺の動脈にも血栓が認められました。脳の静脈(left transverse sinus)も詰まっていました。 緊急処置で何とか一命を取り留めたようです。

 

最後の症例は、40歳代の男性。

 

遺伝子注射接種3週間後に言語障害(失語)が出現しました。検査の結果、左中大脳動脈が閉塞していました。この症例も緊急処置で一命を取り留めたようです。

 

いずれの症例も、遺伝子注射接種後に著しい血小板減少症(vaccine-induced immune thrombotic thrombocytopaenia(VTT))が発生しています。

 

さらに、血栓形成を促すタンパク質「血小板因子4(platelet factor 4 (PF4))」の抗体が認められています(血栓を促すタンパク質が過剰になっている)。

いずれも30~40歳代に起こっていることから、命に関わる血栓症は、高齢者よりも若年者に起こりやすい傾向にあるようです。

 

 

前述したように、アストラゼネカーオックスフォード製の遺伝子注射を日本も緊急承認したばかりです。

 

「遺伝子注射は、高齢者の“間引き”に使用されているから良いのではないか」というコメントを書いてきた不健全な不届き者がいましたが、若年者にも多大な影響を及ぼす(今回は急性の副作用しか報告していない)ことを今回の事例からも知っておいて頂ければと思います(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『自宅謹慎、学校閉鎖は感染予防にならない!』

  2. 『救急搬送されて入院するケースが急増〜俯瞰シリーズ』

  3. 『もし強制されたら・・・遺伝子ワクチンは拒否してはならない』

  4. 『武漢のラボに資金を出しているのは誰か?』

  5. 『ベルギーでもロックダウン政策は法律違反と認定』

  6. 『女の子、男の子に産み分けることができるか?』

  7. 『思考能力は生活習慣から〜リアルサイエンスシリーズ』

  8. 『“新規”感染者というプロパガンダ』