『生命体に強制してはいけない理由』

マスク着用強制

消毒強制

ワクチン強制・・・・・・

この強制(forced)は、生命体にとっての創造性や進化を最も阻む因子です。

外科医の見習いは、軍隊方式で劣悪な環境にあるのが伝統になっていますが、それでは腕が上達しないことを過去記事でお伝えしました。

外科医も豊かな環境にあると学習が上達(致死的なミスをしない)するのです。

「衣食住足りて礼節を知る」ということわざは真実です。

1日200円以下の生活費しかない貧困層が、フェイクパンデミックのおかげで7億人を突破したと世界銀行が発表しています。

これでは、まともな思考や行動ができる訳がありません。

さて、私たちにどちらかの答えを選ぶようにと選択を“強制”されると、学習能力が低下することが最新の研究で確認されています(Nature Human Behaviour (2020)Published: 03 August 2020)。

答えを選択式でなく、自由に得られるようにすると、学習能力が著明に向上します。

つまり、生命体は誰か(AIでも)に“強制”されると、生産性や創造性が低下するのです(強制を基本とする現在の教育制度は、故意に立派な良識のある人間や能力のある人間の芽を摘むためのものです)。

これを歴史的につぶさに見てきた権力者層(血族です)は、金具でしばりつける奴隷制度をやめて、自由があると“錯覚”させるシステムの奴隷にしたのです(その方が、あがりが大きい(^_−)−☆)。

その歴史的経緯にも関わらず、大衆を再び生産性を極限までに低下させるデジタル奴隷にしようとしています。

テクノクラット達が計画するデジタル奴隷(ナノチップでコントロールされる)社会では、良識のある人や優れた能力ある人は淘汰されて、生産性が低い従順なゾンビしか残りません。自分は命令だけして何もしない奴隷か、配給食(プーファ食)を食べて排泄するだけという地球を汚染するだけの奴隷しか残りません。

リアルサイエンスで見れば、このような社会が持続可能かどうかは一目瞭然ですね。

なぜ、生命体に「あれをしろ、これをしろ」と強制すると、歴史的にもなかなかうまくいかないのか?

それは、生命体にとって、外からの強制は、自発的行動システム(=糖のエネルギー代謝)を不活性かするからです(ワンちゃんなどの動物にも人間が偉そうに強制させてはいけない。本来の命の輝きを失うゾンビになる(^_−)−☆)。

だから、強制では本当に人々を心の底から動かせない。それは本当の力にはなりません(これが、偽旗作戦が近年失敗している最大の理由)。

テクノクラットたちは、歴史から何も学ばないことが、今回のフェイクパンデミックや次々に計画されている人工災難で暴露されているのです(^_−)−☆。

これは、私たちの治癒システムにもあてはまります。

ワクチンで強制的に抗体や反応性リンパ球を作っても、抗ウイルス剤で遺伝子の発現を強制的に破壊しても、オメガ3やステロイドで強制的に免疫を破壊しても、結果はより悪化します。

それは、自己の自発的治癒システムの作動を邪魔するからです(^_−)−☆。

 

関連記事

  1. 『知性が高い人ほど健康である理由!』

  2. 『揚げ物を食べると死亡率が高まる!』

  3. 『なぜあなたは「社会性」がないのか?』

  4. 『「No Pain, No Gain」は本当か?』

  5. 『あなたがガンと宣告されたとき』

  6. 『なぜ生野菜はいけないのか?』

  7. 『体温と健康・寿命』

  8. 遺伝子編集はなぜヤバイのか?