『トランプの容態は?』

昨日、Walter Reed Hospitalに入院したトランプの病状を担当医師チームが会見していました(https://www.youtube.com/watch?v=j5xCVovC80E&feature=emb_logo)。

それによると(もちろん真偽は分かりません)、トランプは発熱もなく、酸素も必要としない状態で普通に歩いているということです(メラニアは自宅にいるということでした)。

この会見で驚いたのは、新型コロナウイルスの治療でまだ一般に承認されていないギリアド社のレムデシベルや抗体注射治療を施したという医師の発言でした・・・・

レムデシベルは過去記事でもお伝えしたように、肝機能障害、腎臓障害、アレルギー反応、頭痛、意識障害などの重篤な副作用のある抗ウイルス薬です。

FDA(製薬会社の回転ドア)でさえも、レムデシベルは緊急かつ入院患者限定の使用しか認めていません。

さらに、抗体治療。「REGN-COV2」と呼ばれるビッグファーマ「ロッシュ」がパテントを持つものです。

マウスに遺伝子操作を施して作らせた新型コロナの抗体と新型コロナウイルス感染症の回復者から回収した抗体をミックスした製剤です。

この抗体治療はまだ臨床試験中で、確たるエビデンスがありません。副作用についても詳しく報告されていません(Science  21 Aug 2020:Vol. 369, Issue 6506, pp. 1010-1014)(https://investor.regeneron.com/news-releases/news-release-details/regenerons-regn-cov2-antibody-cocktail-reduced-viral-levels-and)。

抗体を注射する治療は、逆に他のウイルス感染症を増強する現象(ADE)が昔から知られています。

さらに、これらの薬剤の相互作用などは未知の領域です。

そもそも・・・・

トランプの症状は、微熱、咳、全身倦怠感だったと証言しています。

この程度の症状で、PCR陽性だったからといって、このような危険を伴うアグレッシヴな治療が必要なのでしょうか?

―ここからは、私の推測です。

おそらく、トランプは、医師が話したような治療は受けていないでしょう。

これは、最近ネタ切れだったフェイクパンデミックの“fear-mongering”に利用しているということです。

在庫過剰のレムデシベルや開発費用が嵩んだ抗体製剤の良い宣伝になったでしょう(大統領がやったのだから、みなさんも検査してワクチンや治療しないさいねー)。

トランプは、昨日もお伝えした様に、喜劇を演じることで、新型コロナの“ポスターボーイ(poster boy, 広告塔)”になったということです。

トランプは再選と引き換えに今回の役を請け負うことをディールしたのだと思います。

しかし、この医師チームの人々もハリウッド顔負けの大根役者ですね(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『リークされたワクチン強制接種スケジュール』

  2. 『健康のバラメーター:「甲状腺刺激ホルモン」』

  3. 『フェイク医学の現状報告』

  4. 『抗酸化物質を摂取すると体が錆びる!』

  5. 『人工ライト=ブルーライトがもたらす影響!』

  6. 『現代医学が提唱する”究極の若返り法”??』

  7. 『免疫抑制を解除する森林浴!』

  8. 『「米国産」の肉を買わない理由!』