『私たちは、“体に悪いもの”は避ける本能を持っている!』

みなさんは、口にして「不味い(まずい)」と思ったものは、食べないようにしていますでしょうか?

あるいは、「不味い(まずい)」のに、体に良いと思い込んで食べているものはないでしょうか?

物の果物、ハチミツや乳製品を食べると、不純物を大量に添加している現在の偽食品(加工食品)は、ちょっと口にしただけで区別できるようになります。

しかし・・・・・・

現代社会のように、小さい時から偽食品(加工食品)で育つと、逆に本来の食品の方をおかしく感じるようになります。

その味覚が逆転している現代人でさえ、本能的に口にしないものがあります。

それは・・・・・

チョコレートに、飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸(プーファ)を添加した興味深い臨床実験があります(Chem Senses. 2017 Feb;42(2):161-166)。

この実験では、植物油脂のプーファを加えると、少量でもそのチョコレートを敬遠する傾向があったのです。

多価不飽和脂肪酸(プーファ)>一価不飽和脂肪酸>飽和脂肪酸

の順に、脂肪の不飽和度が高いほど、そのチョコレートを敬遠する傾向が認められたのです。

幼児が魚、野菜(いずれもプーファ)やアボガト(一価不飽和脂肪酸)を食べるのを嫌がるのも同じ理由ですね(魚、野菜、アボガトのいずれも味付けしてゴマかさないと食べられない)。

これはチョコレートだけでなく、あらゆる食品について言えることでしょう。

私たちは、いくら幼少時から質の悪い加工食品を食べさせられていても、本能的に最大の「シックネス・サブスタンス(病気の場を作る物質)」であるプーファを避ける本能があるのです(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『ゲノム編集(GE)と遺伝子組み換え(GMO)は何が違うの?』

  2. 『新型コロナ遺伝子ワクチン臨床試験続報』

  3. 『感染症の原則:無症状および発症前では感染性はない〜その二』

  4. 『宇宙旅行は可能か?』

  5. 『お腹の脂肪をとるのに最適な方法は?』

  6. 『躁うつ病の原因はあのハッピーホルモン!』

  7. 『ストレス軽減に有効なヨガとは?』

  8. 『抗うつ薬が一時的に効果がある理由!』