『なぜプロバイオ、プレバイオで糖尿病になるのか?』

 

腸内細菌に善玉も悪玉もないということも、まだなかなか理解されないですね。。。。

さらに腸内細菌そのものがない方が健康になるというとみなさん、眉をひそめられます・・・・・(^^♪。

しかし、拙著『慢性病は現代食から』にも詳述しましたように、高プーファ食によって引き起こされるインシュリン抵抗性、血糖異常も腸内細菌をなくすことで改善します(Nat Med. 2015 Dec; 21(12):1497-1501)。

最新の研究でもこのことが証明されています。

腸内細菌の増殖によって糖代謝異常(=糖尿病)が引き起こされることが報告されました(PNAS  September 16, 2019)。

腸内細菌によって、腸粘膜細胞からセロトニンの産生が増加します。

実は、私たちの体内の95%以上のセロトニンは腸粘膜細胞から産生されています。

このセロトニンは、糖のエネルギー代謝をブロックするため、糖尿病を引きおこすのです。

腸内細菌の増殖は、エンドトキシンのみならず、セロトニンも上昇させるため、まさに慢性病の温床となるのですね(^_-)-☆。

関連記事

  1. 『三種混合ワクチン(MMR)と自閉症』

  2. 『食べ物は薬である(diet is a drug!)』

  3. 『なぜリウマチで壊れた関節でも元に戻るのか?〜2』

  4. 『ダイエットしたいなら”好奇心”を持つこと!』

  5. 『なぜ音色(ねいろ)というのか?-音と色の関係』

  6. 『副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)の真実』

  7. 『リンパ球減少は死亡リスクの指標!』

  8. 『日常のストレス解消に最も効果的な方法』