『なぜプロバイオ、プレバイオで糖尿病になるのか?』

 

腸内細菌に善玉も悪玉もないということも、まだなかなか理解されないですね。。。。

さらに腸内細菌そのものがない方が健康になるというとみなさん、眉をひそめられます・・・・・(^^♪。

しかし、拙著『慢性病は現代食から』にも詳述しましたように、高プーファ食によって引き起こされるインシュリン抵抗性、血糖異常も腸内細菌をなくすことで改善します(Nat Med. 2015 Dec; 21(12):1497-1501)。

最新の研究でもこのことが証明されています。

腸内細菌の増殖によって糖代謝異常(=糖尿病)が引き起こされることが報告されました(PNAS  September 16, 2019)。

腸内細菌によって、腸粘膜細胞からセロトニンの産生が増加します。

実は、私たちの体内の95%以上のセロトニンは腸粘膜細胞から産生されています。

このセロトニンは、糖のエネルギー代謝をブロックするため、糖尿病を引きおこすのです。

腸内細菌の増殖は、エンドトキシンのみならず、セロトニンも上昇させるため、まさに慢性病の温床となるのですね(^_-)-☆。

関連記事

  1. 『”体に良い”と思っていたものが病気の原因だった!』

  2. 『あなたの不調が続く原因―”デジタル奴隷”』

  3. 『遺伝子ワクチン接種者を隔離すべき〜検証シリーズ』

  4. 『若者の加齢現象』

  5. 『今更認めたPCRパンデミック』

  6. 『アクリル板の遮蔽と隔離:リアルサイエンスシリーズ』

  7. 『ジェネリックを含め医薬品が危険な理由!』

  8. 『チョコレートのレシチンは安全か?』