『なぜプロバイオ、プレバイオで糖尿病になるのか?』

 

腸内細菌に善玉も悪玉もないということも、まだなかなか理解されないですね。。。。

さらに腸内細菌そのものがない方が健康になるというとみなさん、眉をひそめられます・・・・・(^^♪。

しかし、拙著『慢性病は現代食から』にも詳述しましたように、高プーファ食によって引き起こされるインシュリン抵抗性、血糖異常も腸内細菌をなくすことで改善します(Nat Med. 2015 Dec; 21(12):1497-1501)。

最新の研究でもこのことが証明されています。

腸内細菌の増殖によって糖代謝異常(=糖尿病)が引き起こされることが報告されました(PNAS  September 16, 2019)。

腸内細菌によって、腸粘膜細胞からセロトニンの産生が増加します。

実は、私たちの体内の95%以上のセロトニンは腸粘膜細胞から産生されています。

このセロトニンは、糖のエネルギー代謝をブロックするため、糖尿病を引きおこすのです。

腸内細菌の増殖は、エンドトキシンのみならず、セロトニンも上昇させるため、まさに慢性病の温床となるのですね(^_-)-☆。

関連記事

  1. 『忍び寄るインフレと食糧危機』

  2. ◆パレオ協会Q&A◆ 『糖の代替:エリスリトールについて』…

  3. 『あなたがPCR検査の餌食になるとき』

  4. ◆パレオ協会基礎医学Q&A ◆ 『スマートウオッチは安全か…

  5. 『音楽の持つ力~未熟児の脳機能障害は、音楽で改善する』

  6. 『感染症の根本治療ー鉄を奪え!』

  7. 『現代医学でも窮地に立った糖質制限〜リアルサイエンスシリーズ』

  8. 『主要メディアもロックダウンを批判し始めた』