『意識がないと死亡しているのか?』

 

みなさんは「植物状態(vegetative state)」あるいは「脳死」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

この状態では、刺激しても目を開けることもなく、動くこともできません。

重症の頭部外傷や脳内病変では、よく遭遇します。

この状態で延命処置をしていると、本人およびご家族の負担になる・・・・・

しかし、医療現場では、それよりも「臓器提供(organ donation)」の方に大きな関心が向けられています。

多くの調査では、植物状態(vegetative state)の人が臓器提供の意思を表明している場合、より高い確率で死亡宣告されます(;^_^A

これは、究極の対処療法として「臓器移植」くらいしか新しいことをやることがなくなったからです。

「臓器移植」は多大なコストが嵩みます(手術+検査+多大な薬品代金・・・・・)。

地獄の沙汰も金次第・・・・・

しかし。。。。。。。

最新の研究では、このように「植物状態(vegetative state)」あるいは「脳死」と診断されたケースの15%は、意識が脳波上は実際にはあり、回復可能であることが報告されました(N Engl J Med 2019; 380:2497-2505)。

今まで臓器提供の対象となった人たちは、外界の刺激に反応できなかっただけで実際には意識があったケースが多かったのです。。。。。( ;∀;)

OMG!

車の部品のように「臓器が悪くなれば、取り換えれば良い」という安易な”発想”(究極の対処療法)に警告を与える研究でした(^_-)-☆。

 

関連記事

  1. 『コレステロールを減らすと太る!』

  2. 『新型コロナ遺伝子注射(ワクチン)に関する正式承認の適正化への懇願』

  3. わたしが現代医療を見限った理由

  4. 『食べ物は薬である(diet is a drug!)』

  5. 『パウエル元国務長官:遺伝子ワクチン関連死亡』

  6. 『ビーガン・ミートは主食になり得るか?〜検証シリーズ』

  7. 『嗅覚障害は新型コロナの特徴ではない!』

  8. 『ベルギーでもロックダウン政策は法律違反と認定』