『白髪はある重要なサイン』

40歳を過ぎたあたりから急に白髪が目立ち始めます。

もちろん、白髪には個人差がありますね。

20代でも白髪が目立つ人がいる一方で、50代でも黒々とした髪の毛の人もいます。

何がその原因となっているのでしょうか?

白髪はメラノサイトというメラニン色素を産出する細胞がダメージを受ける
ことで起こります。

特にメラノサイトの幹細胞のダメージが原因となっています。

それでは何がメラノサイト幹細胞にダメージを及ぼすのでしょうか?

最新の研究で、やはりすべての慢性病に共通する「炎症」が白髪の原因になっている
ことが報告されました(PLOS Biology, 2018; 16 (5): e2003648 )。

来月の末には渾身の免疫本を出版する予定にしていますが、この炎症は免疫システムよりも
おおきな生命システムからアプローチすることではじめて理解が進みます。

結論を言うと、この炎症はやはり「糖のエネルギーの低下」が根本原因です。

ということは、白髪はエネルギー代謝低下のサインであるということですね(^^♪。

老化は糖のエネルギー代謝の低下ということです。

糖のエネルギー代謝を低下させるような糖質制限、ケトン食などのストレス
は白髪を多くする簡単な方法です。

これで白髪の治し方(アンチエイジング)が見えてきましたね(^_-)-☆。

 

関連記事

  1. 『感染症にも致命的な抗酸化(還元)物質』

  2. 『リンパ球減少は死亡リスクの指標!』

  3. 『保菌者という“幻想”について:WHO 短信』

  4. 『朝食前の運動は危険!』

  5. 『2020年ノーベル医学賞;マスクとソーシャル・ディスタンシング??』…

  6. 『笑いは最上の薬』

  7. 『「むずむず脚症候群」の正体!』

  8. 『”体に良い”と思っていたものが病気の原因だった!』