『アスパルテームが発癌性分類へ〜短信』

 

国際ガン研究機関(IARC)は、人工甘味料のアスパルテームを「発癌性の可能性がある(Group 2B: possibly carcinogenic)」という分類に指定しました(『Exclusive: WHO’s cancer research agency to say aspartame sweetener a possible carcinogen -sources』REUTERS, June 30, 2023)。

 

アスパルテームは、コカコーラなどのソフトドリンクだけでなく、チューイングガム、菓子類、アミノ酸サプリなど多くの食品に使用されています。

 

もちろん、コカコーラなどの会社(すなわびブラックロック、バンガードを所有する♨️権力者たち)は、今回の国際ガン研究機関(IARC)を強く批判しています。

 

日本の堕落した食品業界もいつになったら、目が醒めるのでしょうか?

関連記事

  1. 『シェディングの匂いとは何か?〜リアルサイエンスシリーズ』

  2. 『“糖質制限”で太るメカニズム〜リアルサイエンスシリーズ』

  3. 『体が入れ替わると人格が変わる??―トランスヒューマニズムの研究』

  4. 『武漢のラボに資金を出しているのは誰か?』

  5. 『着地は“つま先”からか“踵(カカト)”からか?』

  6. 『この”食事法”は血管を老化させる!』

  7. 『教科書が間違っていた!:緑内障も自己免疫疾患』

  8. 『あなたの望むような“デザイナーズベイビー”は誕生するか?』