『アスパルテームが発癌性分類へ〜短信』

 

国際ガン研究機関(IARC)は、人工甘味料のアスパルテームを「発癌性の可能性がある(Group 2B: possibly carcinogenic)」という分類に指定しました(『Exclusive: WHO’s cancer research agency to say aspartame sweetener a possible carcinogen -sources』REUTERS, June 30, 2023)。

 

アスパルテームは、コカコーラなどのソフトドリンクだけでなく、チューイングガム、菓子類、アミノ酸サプリなど多くの食品に使用されています。

 

もちろん、コカコーラなどの会社(すなわびブラックロック、バンガードを所有する♨️権力者たち)は、今回の国際ガン研究機関(IARC)を強く批判しています。

 

日本の堕落した食品業界もいつになったら、目が醒めるのでしょうか?

関連記事

  1. 『オメガ3でも心臓血管疾患は悪化する』

  2. 『エゴマも必須栄養素ではない(その5)〜オメガ3神話をやめると病は治る…

  3. 『本当の遺伝子ワクチンの効果は1%程度』

  4. 『ワクチンの真実を語るのに「陰謀論(conspiracy theory…

  5. 『新型コロナに2回も感染するのか?』

  6. 『毒物は量が多いほどダメージが大きくなる〜リアルサイエンスシリーズ』

  7. 『ガンは安心させてあげなさい』記念DVDリリースいたしました!

  8. ◆パレオ協会Q&A◆ 『糖のエネルギー代謝を低下させる物質…