『謹賀新年:2023年の元旦』

皆さん、新年明けましておめでとうございます。

 

 

 

今年は朝から山にワンちゃんと初日の出でした。

 

 

 

例年に比べて人も少なく、とても静かな元旦の朝でした。

 

 

 

郊外の住宅地を見ても、ほとんどしめ縄をしている家はなく、凧揚げをしている子供も皆無で、私が幼少時に育った正月の景色は影を潜めました。

 

 

しめ縄は、邪気を払う意味があります。

 

 

その形も私たちの遺伝子(DNA)やエーテル中に存在するプラズマの形と同じ、二重螺旋(らせん)です。

 

 

しめ縄ひとつ見ても、古(いにしえ)の人たちの知恵を感じます。

 

 

 

さあ、2023年がスタートしました。

 

 

 

今年は、古(いにしえ)の知恵を再発掘して、自然現象をもう一度見つめ直す重要な1年になります。

 

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2023年元旦  崎谷博征

関連記事

  1. 『フードファシズムによる「食」の制限』

  2. 『「砂糖悪玉説」再考』

  3. ◆パレオ協会Q&A◆ 『サウナ、冷水浴について』

  4. 『集団精神病(マス・サイコーシス)とコヴィット〜再検討シリーズ』

  5. 『エッセンシャルオイルと抗生物質』

  6. 『体が入れ替わると人格が変わる??―トランスヒューマニズムの研究』

  7. 『●●●食で白髪・ハゲになる!』

  8. 『ついにポルトガルの裁判所がPCRに斬り込んだ!』