『米国の7割はブースターしていない!〜俯瞰シリーズ』

 

日本の影の薄い首相が、遺伝子ワクチン4回目接種の後にオミクロンに感染したと喧伝されています。

さすがに操り人間でも首相クラスになると、権力者の命令伝達に必要ですから、遺伝子ワクチンは接種させていないはずです(死んでもらっては困る(^_−)−☆)。

したがって、このニュースは再感染および重症化が急増している現在、「遺伝子ワクチンを打っても再感染するが、重症化は防ぐ」という嘘のキャンペーンに他なりません。

さて、日本では、2022年7月3日から2回目のブースターショット・キャンペーンを開始した2週間後から、新型コロナ感染関連死亡率(累積死亡数)が右肩上がりに急増しています(https://ourworldindata.org/covid-deaths?country=~JPN)。

しかし、欧米、白人がメジャーな国では、いくらプッシュしても接種率はこれ以上に向上せず、ブースターショットのプロパガンダも虚しく響くだけとなっています。

 

米国では、ブースターショットを受けていない人口が全体の7割に達することが、保険会社の調査で明らかになっています(『Dr. Fauci: If you aren’t up-to-date on Covid vaccines and boosters, you’re ‘going to get into trouble’』 CNBC Make It, Aug 3 2022)。

 

その内訳は、

・まったくの未接種者 7,300万人
・1回だけの接種者 3,000万人
・2回接種でブースターは未接種 9,500万人

でした。

 

当初より、遺伝子ワクチン接種率のかさましが指摘されていました(『U.S. Vaccine Numbers May Be Overestimated, New Study Shows』WebMD, Dec. 9, 2021)(『CDC reports inaccurate COVID-19 vaccination rates for Pennsylvania』The Daily Pennsylvanian, 11/15/21)。

もちろん、接種者数の誇張は、大衆への遺伝子ワクチン接種のプロモーションのためです。

 

このような権力者による統計操作も大衆誘導の常套手段です。

 

欧米諸国では、このように遺伝子ワクチンに懐疑的であるのに対し、日本はまだ「ケンタウルス(オミクロンBA.2.75)だ、何だ」と言っては、ワクチン・マスクを半ば強制しています。

マスク・遺伝子ワクチン(いずれも免疫抑制作用)は自主性に任されていますから、何があっても自己責任です。

 

しかし、遺伝子ワクチンは、周囲の人をシェデイング感染で巻き込みます。


遺伝子ワクチンの安全性については、過少報告も良いところです。


その一方で誇大広告は、遺伝子ワクチンの効果だけでなく、接種者数にも及んでいたのです(^_−)−☆。

関連記事

  1.   『コロナウイルス感染症で酸化チタン(光触媒)は有効か?』

  2. 『ファイザー遺伝子ワクチンの販売後調査データの驚くべき内容』

  3. 『新型コロナ感染とワクチンの死亡率はどちらが高いか?』

  4. 『車の運転中にマスクはしてはならない』

  5. 『生命現象を説明する樽理論(たるりろん)』

  6. 『糖不足でなぜ人格や知能が低下するのか?』

  7. 『早く死にたければ朝食を抜くこと!』

  8. 『ドラッグストアーに行かない理由:胃薬おまえもか?』