『マスクは彼らへの服従の刻印:俯瞰シリーズ』

 

日本ではいまだに大半がマスクをして生活しています。

 

すっかりマスク生活が定着したようで、逆にマスクがないと不安になる様子です。

 

このマスクは、もちろんウイルス感染症なる病態を防ぐ効果などないことは、複数のエビデンスが示すところです。

 

なんとサル痘でさえ、エアロゾル感染するというナレーションによって、マスク着用が叫ばれている「ニュー・ノーマル」です。

 

すでに中国や日本では、マスク着用した学童が体育の時間に死亡したことは記憶に新しいです(『Fifth-grader in Osaka dies after outdoor PE class, may have been wearing mask』 The Mainichi, May 28, 202)。

 

これらのマスク着用によって、プラスチックやグラフィンなどの毒性物質を吸い込む危険性も過去記事でお伝えしてきました。

 

いずれも糖のエネルギー代謝をブロックする作用があります(Are graphene and graphene-derived products capable of preventing COVID-19 infection? Med Hypotheses. 2020 Nov;144:110031)(The Kidney-Related Effects of Polystyrene Microplastics on Human Kidney Proximal Tubular Epithelial Cells HK-2 and Male C57BL/6 Mice. Environ Health Perspect. 2021 May;129(5):57003)。

 

残念ながら、コロナ詐欺や遺伝子ワクチンに反対を表明している専門家やオピニオン・リーダーたちの大半も、あちら側の人間(controlled opposition)です。

 

これらのミスリードする役割を与えられた人間たちは、マスクは「政府の感染拡大の恐怖からの過剰反応」と大衆を洗脳していますが、噴飯ものです(^_−)−☆。

 

マスクは過去記事でもお伝えしたように、その毒性以上の意味合いがあります。

 

それは、“彼ら”への忠誠を誓うサインであり、家畜になされる「刻印」と同義です。

私たちは、人類の歴史を俯瞰して学び直す必要があるのです(^_−)−☆。

 

 

関連記事

  1. 『マスクの有害事象:あなたの頭の中までマスクされる〜再検討シリーズ』

  2. 『集団免疫という幻想〜サイエンス再検討シリーズ』

  3. 『子供だけでなく、成人でも発症する枠●●注射後の心臓の炎症』

  4. 『あなたの毎日の食事が遺伝する!』

  5. 『新型コロナウイルス感染症の“隔離政策”はフェイクサイエンス』

  6. 『車の運転中にマスクはしてはならない』

  7. 『最もポピュラーなサプリの効果は?』

  8. 『日本のCT検査被ばく量は世界トップ!』