『医原病:銃乱射事件(マスシューティング)〜リアルサイエンスシリーズ』

米国では、以前から度々銃乱射事件(マスシューティング:mass shooting)の報道があります。

 

もちろん、コビット詐欺による計画的な経済崩壊から現在の食糧危機による生活苦もその原因の一端を担っていますが、本質はそこではありません。

 

「SSRI誘引他殺・自殺」を示唆する記事も出ていますが、現代医学が躍起になって打ち消しています(SSRIとは抗うつ薬として日本の診療所でも気軽に投薬されている医薬品です)。

銃乱射事件(マスシューティング:mass shooting)については、頻繁に処方されているSSRIが暴力性・攻撃性を10倍高めることがすでに報告されています(Prescription drugs associated with reports of violence towards others. PLoS One. 2010 Dec 15;5(12):e15337)。

 

特に、殺害に及ぶ前にSSRI の投与量が増加している事実が指摘されています。

 

SSRIによって、「アカシジア(akathisia)」が引き起こされることは、医師の国家試験にさえ出される必須知識です(Antidepressant-induced akathisia-related homicides associated with diminishing mutations in metabolizing genes of the CYP450 family. Pharmgenomics Pers Med. 2011; 4: 65–81)。

 

アカシジアは「静座不能症」と訳されていますが、「じっとしていられない」といった不穏状態、運動亢進症状をさします。

 

SSRIによる衝動性の高まりによって、自他殺が誘発されるのです。

これを♨️マスコミは、「銃規制」というまさに対処療法を訴えかける報道に終始しています。

 

自分たち(♨️製薬会社)が作った原因を他に被せるという常套手段です。

この銃規制は、これから“彼ら”たちの完全支配にとって一番の障害となっている白人たちの武装解除を狙っているものです。

 

これから彼らが作り上げた現代社会が一度大きく崩されますが、その過程で、彼らが作り上げた問題があちらこちらの壁の亀裂から噴出してくるでしょう。

 

銃乱射事件(マスシューティング)もその一つにすぎません。

 

関連記事

  1. 『アトピ―性皮膚炎も“代謝病”である!』

  2. 「体に蓄積したプーファはどうなるのか?」

  3. 『映画館で最初の10分で観るに値しないと分かったとき:あなたはどうしま…

  4. 『世界一の新型コロナワクチン接種国にパンデミック第二波??』

  5. 『口腔内バクテリアの危険性!』

  6. 『膵臓がんのリスクは果物で減少、野菜と大豆で増加!』

  7. 『南アジアの乳幼児の死亡急増の原因は?』

  8. 『ゲイツ&ミリンダにいっぱい食わされた?』