『“バーチャル”は創造性を低下させる〜リアルサイエンスシリーズ』

 

コビットプロットによって、私たち大人よりも悪影響があったのが子供たちだったと思います。

 

 

大人は会社に行かなくても、ズーム(ZOOM)やビデオ会議などで、自宅で仕事ができる(remote work)と喜んだ人もいるかも知れません。

 

米国では労働時間の20%はこのようなリモートワークにシフトしています。

 

 

学校でも、リアルの触れ合いがなくなり、ズーム(ZOOM)などでのバーチャル(virtual)授業が主体となっていました。

 

このようなバーチャルなコミュニケーション方法は、従来のリアル世界と同じ効果をもたらすのでしょうか?

 

 

最新の『ネイチャー』誌に掲載された研究論文に、そのバーチャル・コミュニケーションのもたらす効果について興味深い結果が報告されています(Virtual communication curbs creative idea generation. Nature. 2022 May;605(7908):108-112)(Virtual collaboration hinders a key component of creativity. Nature. 2022May;605(7908):38-39)。

 

 

バーチャル・コミュニケーションでは、リアルの世界で発揮できた創造性(creativity)が低下するという結果が出ています。

 

ビデオ会議などでは、画面を集中して見るために、認知能力がそこだけに限定されてしまいます。

 

思考をフォーカスする「マインドフル瞑想」でも、創造性が低下し、うつ傾向になるというエビデンスを拙著『慢性病はメタボリック・スイッチにあった』でご紹介いたしました。

 

「マインドフル瞑想」も思考だけにフォーカスするので、ある意味バーチャル世界と同じと言えます。

 

 

創造性を高めるためには、思考をある程度分散させなくてはなりません。分散というのは、いろんな情報を取り入れるために、少し脳の緊張を緩ませるということです。

 

また他人の表情や場の雰囲気を読み取るといったソーシャル・スキルは、思考ではない脳の機能が必要とされ、リアルでしか磨くことができません。

 

私も最近はこのことを自覚することがあります。

 

 

以前は、研究論文はすべてプリントアウトして、リアルの紙にしてじっくり読んでいました。

 

リアルの紙だと、線を引っ張ったり、重要なところにマーキングしたり、書き込みしたりできます。

 

 

リアルの紙に書き込みしたり、読むのを離れて窓の外を眺めたり、数日寝かせたりするうちに、新しいリンクができるのでしょう。

 

 

しかし、最近はあまりにも読むべき研究論文が増大したため、オンラインで読んでしまうことが多くなりました。

 

 

オンラインで読むと、不思議と頭に残らないのです。つまり、新しい視点に発展しないのです。

 

私は本をキンドルなどの画面で読んだことがないのですが、おそらく同じことが起こるでしょう。

 

 

現代の教育のように、ただ権力者に従うロボット養成であれば、むしろバーチャル・コミュニケーションの方が有効でしょう。

 

 

しかし、生命体の本当の真価とは、無限の創造性にあります。

 

私たちが生き生きとして人生を全うするためには、リアルに優るものはありません(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『タバコを吸っている人がガンになりにく理由』

  2. 『抜け道を塞ぎたい権力者たちー次はゲイツのマイクロチップへ』

  3. 『たくさんのアフリカの命を救った英雄』

  4. 『断食は間欠的でも注意が必要!』

  5. 『魚が脳によい本当の理由』

  6. 「まずい給食の本当の原因は?」

  7. 『マヌカハニーおまえもか』

  8. 『新型コロナとエイズ〜リアルサイエンスシリーズ』