『新型コロナ詐欺&ウクライナ演劇の真の目的は口外できないが明白すぎる』

『新型コロナ詐欺&ウクライナ演劇の真の目的は口外できないが明白すぎる』

ロシアの有名女優であるマリア・シュクシナ(Maria Shukshina)のロシアの現状を伝えた記事の一部をご紹介します(『”It is impossible to build a new country with the same personnel”』Nakanune.RU , 03/18/2022)。

 

 

 

「コヴィット(新型コロナ詐欺)のプロパガンダは、遺伝子ワクチン強制接種へと首尾良く運ぶことができた。それに反対するものは、「非国民」として糾弾するように仕向けられた。

 

 

権力者たち(ロシア白人をコントロールする♨️)は、遺伝子ワクチン接種者と非接種者を分断して、「遺伝子ワクチン注射!」を連呼した。ロシアの国営放送を通じてプロパガンダされた。

 

 

シュワブやゲイツと協同して遺伝子ワクチン接種を強制した彼らは、今度は空中で一回転して、その同じ口で愛国者を気取っている(ウクライナに対する攻撃を叫ぶ)。いまやスピリッチュアルやモラルのために闘っていると喧伝している。

 

 

彼らは、強制遺伝子ワクチンに失敗し、今度は愛国者に変身したが、それも見抜かれることを恐れている。彼らを信じてはいけない。」

 

 

 

 

ロシアでも大量の遺伝子ワクチン接種者が死亡しています。年金を受給する高齢者が100万人も減少したことがニュースになっていました(『RBC: REGISTERED IN THE PENSION FUND HAS BECOME 1 MILLION FEWER PENSIONERS』 247newsagency, MARCH 16, 2022)。

 

 

 

今度のウクライナ演劇は、このようにコビット詐欺の失敗のごまかしという要素が大きいのですが、その真意はもっと根深いものがあります。

 

 

それはカナダのコンボイ運動のときにも適応された「国内テロ(domestic terror)」として白人中間層がターゲットになっていることです。

 

 

♨️(ナチスの大元)の支配に反対する白人中間層を「白人至上主義者(white supremacist)」とレッテル貼りすることで、「国内テロ(domestic terror)」を法的に適応して人権を奪うものです(本家大元の♨️ナチが白人たちをネオナチ呼ばわりしている)。

 

 

2015 年前後から、CIAがウクライナで何をしていたのかを調べてみましょう。

 

 

1917年のロシア革命によって♨️にのっとられたあと、ロシアでは「ロシア帝国復活運動(the Russian Imperial Movemen, RIM)」が白人(スラブ人)によって勃興しています。これは、♨️から国を取り戻す運動です(https://stanford.app.box.com/s/akoqkej3milihwya2t6ruqmkhlilk2o2)。

 

♨️はこれを叩きたいのです。

 

 

したがって、ウクライナ演劇は、ウクライナ&NATO vsロシアではなく、ウクライナ、ロシア協同で、ロシアとその周辺に住む白人をターゲットにした虐殺です。

 

 

これが、すっかり♨️化したプーチン(Chabad-Lubavitch)とマイアミに豪邸を構える♨️コメディアンのゼンレンスキーの真の与えられた役割です。

 

ロシア国民に対する真の脅威はロシア政府です。

カナダ国民に対する真の脅威はカナダ政府です。

ドイツ国民に対する真の脅威はドイツ政府です。

 

そして我が国も全く同じ。

日本国民に対する真の脅威は日本政府です。

 

 

この意味がわかる人(各国政府はその国のマジョリティの人種を支配する♨️の道具)が1人でも増えることが♨️の支配から生命と自由を取り戻す唯一の方法です。

 

 

関連記事

  1. 『食糧グレート・リセット〜俯瞰シリーズ』

  2. 『リンパ球減少は死亡リスクの指標!』

  3. 『なぜ下剤は病気に効果があるのか!』

  4. 『中性脂肪が高いということは“悪い”ことか?』

  5. 『テキサスで新型コロナウイルス感染症が減少している理由』

  6. 『プーファと新型コロナウイルス感染症』

  7. 『新型コロナウイルス肺炎について』

  8. 『ダイエット飲料を摂取すると太る!』