『2021年最後のご挨拶:今年も大変お世話になりました』

 

2021年は、これからの私たちの生活が激変していく予感から“実感”に変わった1年ではなかったでしょうか?

 

ロックダウンから遺伝子ワクチン強制(現在はブースターまで)まで、私たちに人権など存在しないことが明らかになった年でした。

 

権力者たちはご都合主義で先進国においては、表面的には私たちに自由があると思い込ませることで、間接的に統治していきました。

 

2022年からは、このフェーズから、私たちから自由を奪って直接統治へとシフトチェンジしました。

 

これは長期(特にこの百年)に渡っての大衆白痴化政策によって完全に洗脳・順応が成功し、現在の段階でシフトチェンジできると踏んだのでしょう。

 

私たちは、思考に思考を重ねてこの白痴化から抜け出して、人類の長い支配構造から抜け出す千載一遇のチャンスが到来したと捉えるべきです。

 

それには健全な心身の維持が必要です。

 

糖のエネルギー代謝をしっかりとキープして、これから何が起こっても冷静に対処できる状態にしておきましょう。

今年もみなさまにはたくさんの励ましのメッセージを頂きありがとうございました。

この皆様のエネルギーが2022年以降の世界に大きな影響を与えていくことを祈念し、温かい年の瀬をお迎えになってください。

 

2021年12月31日 崎谷 博征

 

関連記事

  1. 『新型コロナ経口薬「モルヌピラビル(molnupiravir)」は安全…

  2. 『離乳食を早めてはいけない!』

  3. 『プーファの濡れ衣を被せられた悪玉コレステロール〜オメガ3神話をやめる…

  4. 『薬理学も根本的見直しが必要!』

  5. 『白髪はある重要なサイン』

  6. 『運動が骨を強くする仕組み』

  7. 『現代医療の最大の犠牲者は?』

  8. 『市販のサプリメントはなぜ危ないのか?』