『「ハイブリット免疫」という虚構:遺伝子ワクチンの効果は思ったほどではない??』

今回のフェイクパンデミックの表舞台の立役者であるアンソニー・ファウチとゲイツ君が、示し合わせたように「遺伝子ワクチンの効果は思ったほどではない」とインタビューで答えています(「Bill Gates speaks to Rt Hon Jeremy Hunt MP in exclusive Policy Exchange interview」)(「An Interview With Dr. Anthony Fauci」The New York Times podcast, Friday, November 12th, 2021)。

 

 

 

ゲイツ君はこのインタビューの中でもアルツハイマーや精神病のように「ネクスト パンデミック」という言葉を何度も繰り返しています。戦争よりも安上がりで効率よく大衆を管理できる生物兵器ワクチンの威力にすっかり魅了されたに違いありません(^_−)−☆。

 

遺伝子ワクチンに変異型ウイルスなる物質の感染に効果がないことは、すでに複数の論文でも明らかにされているところです(Anti-SARS-CoV-2 receptor binding domain antibody evolution after mRNA vaccination. Nature. 2021 Oct 7. doi: 10.1038/s41586-021-04060-7)。

 

もちろん、彼らが言いたいのは、「ブースターを打ちなさい」ということだけです。

 

 

権力者のオモチャと化しているファイザーやモデナ(アストラゼネカも出資(^_−)−☆)では、いつでも遺伝子ワクチンの大量産生体制が出来上がっています。

 

さて、最近専門家の間で人気のある作り話が「ハイブリッド免疫(Hybrid immunity)」と彼ら呼んでいるものです(COVID super-immunity: one of the pandemic’s great puzzles. Nature. 2021 Oct;598(7881):393-394)。

 

「ハイブリッド免疫(Hybrid immunity)」とは、自然感染した後に遺伝子ワクチンを接種するとより効果があるという作り話です。

 

 

これはすでに複数の研究で明らかになっているように、自然免疫はワクチンによる免疫よりも優れていることをカバーするためのナレーションです。

 

実際は、自然感染した後に、遺伝子ワクチンを接種すると、より糖のエネルギー代謝が低下するために、感染症なる病態に罹りやすくなるでしょう。

 

唯一のエビデンスを出せるデザインであるランダム化比較試験(自然感染VS自然感染+遺伝子ワクチン接種)を是非行って頂きたいものです(^_−)−☆。

 

「遺伝子ワクチンに思ったほどの効果がない云々」「ハイブリッド免疫」も、結局は「遺伝子ワクチンを接種しなさい」ということを洗脳する道具に過ぎないことを再確認しておきましょう(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 『ゲノム編集(GE)と遺伝子組み換え(GMO)は何が違うの?』

  2. 『宇宙旅行は可能か?』

  3. 『新型コロナワクチン接種者には変異型感染が多い』

  4. 『高山病と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』

  5. 『トップ・アスリートはなぜ血管が詰まるのか?』

  6.  『新型コロナウイルス感染症にも屋外療法が有効な理由』

  7. 『アンチエイジングはプーファフリーから』

  8. 『なぜハダカデバネズミはガンに罹りにくいのか?』