『遺伝子枠●●接種者は、自然の免疫の13倍の感染率〜変異型シリーズ』

 

ファイザーの遺伝子枠●●は、自然感染の13倍のデルタ株感染率というエビデンスが公表されています。(Comparing SARS-CoV-2 natural immunity to vaccine-induced immunity: reinfections versus breakthrough infections. medRxiv preprint doi: https://doi.org/10.1101/2021.08.24.21262415)。

 

この観察研究は、イスラエルでのデータを解析したものです。

 

症状を呈するデルタ変異感染に関しては、遺伝子枠●●のフル接種は、自然感染者よりも7倍の感染率でした。

 

 

さらに、デルタ変異株の入院のリスクについても、遺伝子枠●●のフル接種は自然感染者よりも有意に高い結果も出ました。

 

このエビデンスがよほどまずかったのでしょう。

 

 

「抗体やTリンパ球の反応性などが免疫を形成するというのはまだ仮説に過ぎない」と正直に書いています。

 

つまり、「枠●●で抗体ができることが、免疫ができたということでない。」と現代医学の“免疫仮説”を否定しているということです。

 

 

そもそも免疫仮説は、「病原体仮説」というグラグラの仮説の上に、さらに架上(かじょう)された“砂上の楼閣”です。

 

フェイクサインエスはどこまで行ってもフェイクです。

 

詰まるところ、リアルサイエンス以外に矛盾を解消できるものはありません。

関連記事

  1. 『”難攻不落”の悪性脳腫瘍の特効薬!』

  2. 糖質制限で放出されるアミノ酸と慢性炎症

  3. 『プーファと愛情ホルモンの関係』

  4. 『イソジン消毒は感染症に致命傷である理由』

  5. 『世界一の新型コロナワクチン接種国にパンデミック第二波??』

  6. 『ついにポルトガルの裁判所がPCRに斬り込んだ!』

  7. 『代替肉で栄養は十分??:植物性タンパク質編〜リアルサイエンスシリーズ…

  8. 『コンビニで電子レンジでチンすると・・・・』