『異物混入のモデナワクチン接種で死亡例』

やはり、死亡例が出ました。

 

厚労省は、このバイアルに何が混入していたのかを早急に調査・公表する義務があります。

(転載開始)

モデルナ製接種の2人死亡 見合わせ対象のワクチン使用 新型コロナ

 

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンから異物が見つかった問題で、厚生労働省は28日、異物が混入したワクチンと同時期に製造された製品を接種された30歳と38歳の男性が、接種後に死亡したことを明らかにした。

 

 

いずれも基礎疾患はないという。

 

厚労省は「現時点ではワクチン接種と死亡の因果関係は不明で、異物混入が原因であることを示す情報もない」と説明。死亡報告が重なったことから、透明性向上のため公表したとしている。

 

2人が接種したのは製造番号「3004734」の製品。これまでに異物混入の報告はないが、異物が複数見つかった「3004667」と同時期に同じスペインの工場で製造されており、26日に使用の見合わせを決めた。

 

亡くなった38歳の男性は、15日に2回目の接種を受けた後に発熱。17日に解熱したが、18日に自宅で死亡した。解剖して死因を調べている。

 

30歳の男性は22日に2回目の接種を受け、翌日に発熱。回復して仕事をしていたが、25日朝に死亡した。死因は明らかになっていない。

 

厚労省は今後、詳しい情報を収集し、専門部会で検討を進める方針(時事通信, 8/28(土))。

 

(転載終了)

 

30代で基礎疾患がない場合は、新型567感染死亡率はほぼ ゼロです。

 

 

しかもいずれもワクチン接種3日後以内に亡くなっています。

 

因果関係がないとする方が不自然です。

 

 

問題とされるロットは、日本だけに輸出などと戯言を言っていますが、もしそうであれば、日本人がまた放射能(広島、長崎、福島)だけでなく、遺伝子ワクチンのモルモットということになります。もしそうでなければ、これは世界的な問題に発展します。

 

解剖の結果を隠蔽せずに公表することが、これから日本だけでなく世界に向けて非常に重要になります。

関連記事

  1. 『最強の抗生物質の登場???』

  2. 『新型コロナワクチンの副作用が起こりやすい人の特徴』

  3. 『優生思想の実験場:アフリカ』

  4. 『免疫はブーストしてはいけない〜リアルサイエンスシリーズ』

  5. 『人体に異物を入れること:乳房再建術の危険!』

  6. 『サイエンスの堕落:アストゼネカの遺伝子ワクチンのまとめ』

  7. 『あなたの使用している”熱冷まし″は安全か?』

  8. 『リアルサイエンスを学ぶということ』