『ヘルペスと遺伝子注射』

 

高齢者あるいはステロイド、オメガ3や鉄剤の長期使用によって、帯状疱疹、いわゆうヘルペスと呼ばれる痛みを伴う発疹が出現します。

拙著『ウイルスは存在しない』上巻で、DDTやヒ素などの毒物への暴露によって、ヘルペスが出現することをお伝えしました。

 

今回、ファイザーの遺伝子注射を自己免疫疾患の491人に施行したところ、6名に接種後まもなくヘルペスが出現したケースが報告されています(Herpes zoster following BNT162b2 mRNA Covid-19 vaccination in patients with autoimmune inflammatory rheumatic diseases: a case series, Rheumatology (Oxford). 2021 Apr 12;keab345)。

 

このケースの詳細を見ると、ハイドロキシクロロキン(ヒドロキシクロロキン)、ステロイドや生物学的製剤(biologics) とよばれる遺伝子組み換えの免疫抑制剤が投与されています。

 

これらの免疫抑制剤投与では、遺伝子ナノ粒子カクテル注射という毒性物質が入ってきたときに処理がうまくできません。

 

具体的には、ファイザーやモデナに入っているされるRNAは、ゴミとして白血球に処理されます。

しかし、免疫抑制状態では、この処理がうまくいかず、白血球が過剰興奮して、リンパ球を動員した炎症に発展します。

 

この炎症が起こったときに、皮膚から毒性物質を排出する試みがヘルペスなのです。

 

現代医学でさえも、外来の遺伝子が入ってきたときには、白血球のアンテナを過剰刺激することで、ヘルペスが出現することを認めています(Advances in mRNA Vaccines for Infectious Diseases. Front Immunol. 2019 Mar 27;10:594)(Toll-like receptor sensing of human herpesvirus infection. Front Cell Infect Microbiol. 2012 Oct 8;2:122)。

 

現代人は、ステロイド、抗ウイルス剤、生物学的製剤などを投与していなくても、慢性的な免疫抑制状態にあるため、外来の遺伝子の注射は必ず体内に炎症を引き起こします。

 

まだ糖のエネルギー代謝に余力のある人は、なんとかヘルペスなどを発症して毒物(ワクチンの成分など)を排出しようとします。

 

しかし、その余力がない大半の現代人は、長期的に自己免疫疾患、心臓・脳血管疾患、ガンという形になって結果が出ます。

 

今回の遺伝子注射が今までのワクチンよりも桁違いに副作用が大きいのも、その成分もさることながら、現代人の著しい健康状態の悪化(糖のエネルギー代謝の低下)がベースにあるからです。

 

ヘルペスは病原体仮説(germ theory)による性病などではなく、私たちの毒物排出症状なのです。

もちろん、糖のエネルギー代謝が万全であれば、ヘルペスのように皮膚から排出しなくても、炎症を起こさずに速やかに毒物は処理されます(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『チャイルドシートの危険性』

  2. 『若い不健康な痩せ型女性の増加の原因は?』

  3. 『カンジダが増殖する理由』

  4. 『新型コロナだけで安心してはいけない遺伝子ワクチン』

  5. 『ブースターショットとオミクロン変異型〜予測シリーズ』

  6. 『トランプとメラニアの吉本新喜劇』

  7. 『やはり子供には必要がない遺伝子注射』

  8. 『リンパ球減少は死亡リスクの指標!』