『日本でも起こる新型コロナ遺伝子ワクチン接種後のアナフィラキシー反応』

ファイザーとビオンテックが共同開発した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する新型コロナ遺伝子ワクチン(Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine)は、2020年12月11日に米国で、米食品医薬品局(FDA)により緊急承認されています。

今回の遺伝子ワクチンの副作用の目玉の一つがアレルギーの重症型であるアナフィラキシーです。

運悪くハチに刺されたときに命を落とすことがありますが、これはハチ毒に対するアナフィラキシー(激しいアレルギー反応)によって、副交感神経が過剰刺激されることでショック状態になります。

私も1度スズメバチに頭部を刺されて、1週間くらい痛みと腫れが引きませんでしたが、2度目に刺されると、死ぬ危険があると思っていました(現在は、糖のエネルギー代謝が回ってきたので、この可能性はないでしょう(^_−)−☆)。

来月末から日本でもファイザーの遺伝子ワクチンがスタートします。

米国で起こったアナフィラキシーの実態を知っておくことに越したことはありません。

次作でも詳述していますが、米国では過少申告が問題の「ワクチン有害事象報告制度(Vaccine Adverse Event Reporting System(VAERS)」へのアナフィラキシーの症例報告数を調査した研究が発表されています(JAMA. 2021 Jan 21. doi: 10.1001/jama.2021.0600)。

2020年12月14~23日までで、ワクチン有害事象報告制度(VAERS)には、遺伝子ワクチンの初回接種を受けた189万3,360例(女性117万7,527例、男性64万8,327例、性別報告なし6万7,506例)で4,393件の何らかの副作用(有害事象)が報告されたといいます。

ワクチン有害事象報告制度(VAERS)への報告数は、実態の1%程度ということが過去の論文でも明らかにされていますので、44万件くらいは、最低でも副作用が出たということです(4~5人に1人)。

ワクチン接種後の遅発性アレルギー反応を明確に特定することは困難ということで、接種当日に限定して発現したアナフィラキシー疑い例について、調べたところ21例がアナフィラキシー発現例と特定されたといいます。これは、初回接種100万回投与当たり11.1例に相当したということです。

ということは、接種当日に限定しても、アナフィラキシーが2,100件は最低でもあるということです(1,000人に1人)。

アナフィラキシー症例の内容ですが、喘息発作、蕁麻疹、血管浮腫、発疹、気道閉塞(窒息)などが接種後13分(中央値)程度で起こっています。

アナフィラキシー発現21例中、集中治療室入室3例を含む4例が入院し、17例が救急科で治療を受けたようですが、死亡例は報告されていないということでした。

入院は救急治療を受けている人がいるので、ショック状態になった人もいるでしょう。

アナフィラキシー発現例の約8割には、何らかのアレルギーの既往あったということですが、ファイザーの遺伝子ワクチンの臨床試験では、アレルギーのある人は除外されています。

したがって、シャバでの接種が本当の人体実験なのです。

医師たちは、アナフィラキシーショックにはエピネフィリン(アドレナリン)を用意しているから心配はいらないと言うでしょうが、そもそもなぜ命の危険までおかしてまで、効果が定まらない(かつ軽症の感冒症状に対して)ワクチンを接種しなければならないのか理解に苦しみます。

日本でも同じことが起こりますので、医療関係者の方も十分留意して、しっかりと副作用症例を報告するようにしてください(選挙と同じく最後の集計が怪しいですが・・・・)。

これから大半の日本人にとっては、待ちに待った接種となると思いますが、この事実を伝えてあげて頂ければと思います(^_−)−☆。

 

関連記事

  1. 『ティーバッグの紅茶やハーブは安全か?』

  2. 『遺伝子操作がフェイクサイエンスである理由』

  3. 『薬理学も根本的見直しが必要!』

  4. 『狂牛病(mad cow disease):再考』

  5. 『新型コロナウイルスと肺炎は関係ない!』

  6. 『無過失責任と新型コロナウイルス感染症治療』

  7. 『新型コロナ遺伝子ワクチンも感染源になる!』

  8. 『ミンクが新型コロナワクチンをダメにする??』