『ジブラルタルで起こった大量死亡事故とは?』

みなさんは、ジブラルタルという領土をご存知でしょうか?

スペインのイベリア半島の先にあるにも関わらず、現在もイギリス領土になっています。

香港の返還問題があったように、ジブラルタルもスペインへの返還問題がくすぶっています。

さて、そのジブラルタルは私が知っている限りでは、イギリスが海外にもついわゆるタックス・ヘイブン(租税回避地)の一つです。

人口3万2千人程度とされています。

2021年1月にこの地で大量殺戮(massacre)が起こりました。

なんとある行為を約5400人(人口の17%)に施したところ、 52名が亡くなったのです。

100人に1人は亡くなったということです。

致死率1%です。

その行為とは・・・・・・・・・・・

ファイザーの新型コロナ遺伝子ワクチンです(『‘Devastating’ weekend as Gibraltar loses 13 people in two days to Covid-19』The Gibraltar Chronicle  January 17, 2021)(『Gibraltar reels as Covid deaths quadruple in fortnight』Expatica January 18, 2021)(『‘Government confirms 4 deaths from COVID-19 – 31/2021』HM Government of Gibraltar JANUARY 10, 2021)。

死者の大半は高齢者ということでしたが、新型コロナ遺伝子ワクチン接種10日後以内に亡くなったようです。

亡くなった人たちは、みんな政府の指導どおり、強制マスク、外出自粛、ソーシャルディスタンシングを遵守した人たちです。

これを心ない人間は、高齢だから何で死んでもおかしくないと嘯く(うそぶく)でしょう。

しかし、昨年の新型コロナパンデミック以来、1年間でジブラルタルでの新型コロナ感染関連死亡者は、たったの16名でした。

つまり、ジブラルタルの新型コロナウイルス感染関連死亡率は、0.05%です。

新型コロナ遺伝子ワクチン関連死亡率は1%ですから、ワクチンの破壊力は感染死亡率の20倍ということになりますね(^_−)−☆。

しかも、感染関連死亡は1年の累積で16名に対し、たったの10日で53名・・・・・

仮に世界でも有数の高齢者の多い日本の全人口1億2557万人(2021年1月概算、総務省統計局)にこのファイザー製の新型コロナ遺伝子ワクチンを施すと、ジブラルタルの計算(致死率1%)を当てはめると125万人の死者を出す計算になります。

これは大量殺戮に相応しい行為ですね。

新型コロナ遺伝子ワクチンによる死亡は、交通事故死だけでなく、新型コロナ感染関連死亡をもはるかに上回るのです(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『羊水のある成分が自閉症の原因になる!』

  2. 『 映画館に入ると気分が悪くなる理由』

  3. 『ドラッグストアーに行かない理由:胃薬おまえもか?』

  4. 『WHO指針:ワクチン反対者への対策法〜その4』

  5. 『消毒薬はバクテリアを増殖させる!ー二次元思考の罠』

  6. 『その使いまわしの油、大丈夫?』

  7. 『土壌菌のワクチン!?』

  8. 『サメの絶滅とワクチンの関係』