『フード(food)専制主義もマッチ・ポンプでやってくる』

2020年のノーベル平和賞は、なんと「世界食糧計画(the United Nations’ World Food Programme (WFP) )」に与えられています。

国連の組織ですから、どのような組織かはもうみなさんは分かりますよね(^_−)−☆。

この組織は、2020年の4月の時点で、「新型コロナのおかげで、世界で飢餓状態が2倍に増えたー」とプロパガンダしていました(『WFP Chief warns of hunger pandemic as COVID-19 spreads (Statement to UN Security Council)』WFP, 21 April 2020)。

嘘はほどほどに・・・・

新型コロナで飢餓が増えるのではなく、世界経済フォーラムで計画されたグレート・リセットによって、増えているのです。

実際に、ロックダウンなどの悪徳な政策によって、権力者との関連のない中小企業の過半数は淘汰される過程に入り、貧困層が増加しています。

グレート・リセットは、経済や政治の分野だけでなく、あらゆる領域で計画されています。

食料供給システムにもグレート・リセットが行われます。

世界経済フォーラムの中の食料部門にイート・フォーラム(EAT Forum)があります(https://livewellforlife.eu/news/eat-stockholm-food-forum-a-davos-for-food/)。

この中で、遺伝子組み換えや遺伝子編集もの(genetically modified lab creations)が推奨されています。過去記事でお伝えしてきたラボ肉ラボミルクなどはその典型例です。

このイート・フォーラム(EAT Forum)は、バイエル、カーギル、シンジェンダ、ユニリーバーなどのアグリ・製薬ジャイアント&多国籍企業やグーグルが主導しています。

このフォーラムの裏側には、ゲイツやベゾスが設立した「インポッシブル・フード(Impossible Foods)」が鎮座しています(^_−)−☆。

これらの輩は、今回の新型コロナフェイクパンデミックに乗じて、食糧危機を煽り、「それを救うのは、遺伝子編集したラボ食料である」とのたまうのです。

そのラボ肉。

インポッシブル・フードのラボ肉は、ビヨンド・ミート社(Beyond Meat)より、グリフォセート(Glyphosate)の汚染量が11倍もあったことが報告されています(https://d3n8a8pro7vhmx.cloudfront.net/yesmaam/pages/8069/attachments/original/1557958339/COA_S0004900_Impossible_Burger_and_Beyond_Meat_patty_-_glyphosate.pdf?1557958339)。

ラボ肉は、遺伝子組み換えの穀物を使用していることが、これではっきりと分かります。

世界食糧計画(WFP)がせっかくプロパガンダして、ラボ食料の配給制への狼煙をあげて、ノーベル賞まで受賞させたのに。。。。。

 

悪事はこのようにいつかは暴露されるものです。

グレート・リセットがあらゆる分野で同時進行していきますが、すべてはマッチ・ポンプとヘーゲルの弁証法のオペレーションですから、彼らのバカの一つ覚えを“冷ややか”に見守って行きましょう(^_−)−☆。

 

関連記事

  1. 『トップ・アスリートはなぜ血管が詰まるのか?』

  2. 『若者の加齢現象は社会の鏡!』

  3. 『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹りやすい状態とは?』…

  4. 『老舗のフェイクサイエンス:チャイナ・スタディ(China study…

  5. 『次のパンデミック対策の柱は、大気汚染の減少』

  6. 『食べ物は薬である(diet is a drug!)』

  7. 『体温と健康・寿命』

  8. 『アンチエイジングはプーファフリーから』