『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とエアロゾル』

米国立衛生研究所(NIH)、米疾病対策センター(CDC)などの調査では、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、エアロゾルや物体表面(aerosols, plastic, stainless steel, copper, and cardboard))で数時間~数日生存することを確認したと報告しています(N Engl J Med 2020 Mar 17)。

この研究にも, アメリカ国防総省のある機関が資金提供しています。。。。。。。

さて、どうやって新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)がエアロゾルや物質に付着しているのを確認しているのでしょうか?

この論文には詳細な手順は書いていませんでしたが、大体は以下のような手順を踏んでいる事は間違い無いでしょう。

その手順とは、

エアロゾルや物質表面の一部を細胞(Vero E6 cells)に暴露させて、その細胞を培養(いろいろなものを足している)してすり潰します。そのすり潰した物質(homogenate)を遠心分離機にかけて、一定のバンドのあるところを抽出し、PCR検査をします。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)そのものが確認されているのではなく、あくまでも培養細胞をすりつぶした物質をPCR検査にかけて、その中の“遺伝子(RNA)”を見ているだけです。

・・・・・・・・・

培養細胞をすり潰したものの遺伝子を見ているだけなので、それが本当にウイルスと呼ばれるものが、培養細胞に取り憑いた結果(遺伝子)を見ているものなのか、培養細胞が産生した遺伝子(jumping gene, transportable gene)なのかを現在の実験系では判断する事はできません。

つまり、普段からウイルス、ウイルスと言っているものは、いまだにウイルスそのものの遺伝子なのか、細胞から産生される遺伝子なのかを区別できていないということです。

そもそもウイルスに関する現代の実験系は、ナンセンスな研究なのです🤗。

エアロゾルとは、気体の中に微粒子が多数浮かんだ物質のことを指します(微粒子の大きさは10nm程度から1mm程度)。PM2.5、ヘイズなどの大気汚染物質がこのタイプです。

よく言われる飛沫感染の飛沫(droplet)は、バクテリアなどの微生物を含む私たちの粘液や痰などの分泌物のことを言います。これは、エアロゾルよりも大きい物質です。

今回の研究とは関係なしに、今回の武漢や北イタリアで発生した謎の感染症(新型コロナウイルス感染症と呼ばれる)は、このエアロゾルが深く関係しているということだけは、ここでお伝えしておきます。

ちなみに、サーズ(重症急性呼吸器症候群(SARS))を引き起こすと想定されているコロナウイルス(SARS-CoV-1)でも同じ結果だったようです。

両方のウイルスいずれもが、空気中や物質表面で安定しているということを言いたいのだと思いますが、それでは、SARSと今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はいずれも同じくらいの感染率と致死率でないとおかしいですね。

こういった矛盾に専門家でも気が付かないだろうと思っているのでしょう。しかし、私でもこのような「フェイク・サイエンス」に気づいているのですから、世界の優れた頭脳を持っている人達はとうに気づいているはずです。

(しかし、大衆操作ではいわゆる大半を占めるB層を取り込めば、それで人民を動かせるという鉄則があり、これを郵政民営化の時に日本でも実験された(social engineering))

このような不確かな実験の結果によって、マスクや消毒液(ウイルスより危険)が飛ぶように売れるのですから、social engineering(大衆操作)におけるフェイクサイエンスとそれを垂れ流すマスコミの果たす役割の重要性が分かるというものです。

 

こういったいかにもサイエンスかのように映る研究は、実際はサイエンスでも何でもないということをウイルスの研究に限らず、あらゆるサイエンスの分野において私が繰り返しお伝えしていることなのです。

 

関連記事

  1. 『プーファと愛情ホルモンの関係』

  2.  『生ニンニクでなぜイライラするのか?』

  3. 『なぜあなたは方向オンチなのか?』

  4. 『消毒薬はバクテリアを増殖させる!ー二次元思考の罠』

  5. 『リウマチは糖尿病やガンと同じ“代謝”病』

  6. 『ブドウ糖果糖液糖はがんを増大させる!』

  7. 『口腔内バクテリアの危険性!』

  8. 『肥満というだけで“検疫”される近未来』