『ティーバッグの紅茶やハーブは安全か?』

ホテルに泊まると紅茶、コーヒーやハーブのティーバッグがありますよね。

宿泊の時に、お湯を沸かしてホテルの備品のティーバッグを飲んだことはあるでしょうか?

私は大量生産品の中身を信用していないので、これらのティーバッグに手をつけませんが・・・・・・

最新の研究で、この一般に流通している(大量生産品)のティーバッグは、プラスチック製であること。そして、お湯に浸すと、そのプラスチックが溶け出してくるという実態が報告されました(Environ Sci Technol. 2019 Sep 25)。

実験では、プラスチック製のティーバッグを使った市販の紅茶を4種類から、それぞれのティーバッグの中から茶葉を取り出しました。

空のティーバッグを洗った上で95度のお湯に浸し、そのお湯を電子顕微鏡で観察したところ・・・・・・・・・・

なんとティーバッグ1袋から約116億個のマイクロプラスチックと31億個のナノプラスチックが確認されたのです。

OMG!

この量は、他の食物において過去に報告されている量の数千倍ものオーダー。

つまり、ティーバッグの飲み物で、私たちは目出度くマクロ&ナノプラスチックを大量に飲み込んでいるということです。

実験では、さらにミジンコをこのティーバッグに通したお湯の中に入れました。

そうすると、ミジンコに行動異常が出たようです。

すでにマクロ&ナノプラスチックの土壌・水質汚染が進行していて、海洋蓄積で魚や海洋動物が大量のプラを吸い込んでいることをお伝えしてきました。

すでに水道水やボトルウォーターにも含まれているでしょう。

これにプラのティーバッグは拍車を掛けることになります。

プラはエストロゲン(発がん物質)ですから、みなさんも十分にご留意ください。

関連記事

  1. 『なぜ学歴が高いひとは”バカ”なのか?』

  2. 『がんと宣告することが本物のがんを作る!』

  3. 『“血糖降下剤”の真実〜リアルサイエンスシリーズ』

  4. 『“安楽死”の勧め〜俯瞰シリーズ』

  5. 『感染症の原則:無症状および発症前では感染性はない〜その1』

  6. 『「フルクトース悪玉説」を再び斬る:食べ物と人工合成物の違い』

  7. 『新型コロナ感染症死亡が急激に低下した原因』

  8. 『サルの脳をリモートコントロール??』