『ストレスで筋肉がなくなる理由』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

一般に筋トレは、筋肉にストレスを与えることで、肥大させるという仮説があります。

この誤った前提に立つと、逆に筋肉が落ちたり、内臓がボロボロになります。

筋肉に負荷を与えることとストレスをかけることは、まったく違うというと驚かれるでしょうか。

なぜ筋肉(もちろん全身の臓器も)にストレスをかけると、逆に筋肉が落ちるのか?

それを間接的に証明した研究報告があります(Eur J Intern Med. 2008 Dec;19(8):592-7)。

エストロゲン産生をブロックする薬剤を使用すると、体脂肪が減り、筋肉量が増えたのです。

エストロゲンはプーファ(オメガ3&6)、コルチゾールなどと同じストレス物質です。

このストレス物質が減ることで、体脂肪が減り、筋肉量が多くなったのです。

逆に言うと、エストロゲン(ストレス)は体脂肪を増加させ、筋肉量を落とす作用があるということです。

筋肉(全身)に多大なストレスを与えるようなエクササイズは、逆効果になるということをトレーナーにも理解してもらいたいものです(^_-)-☆。

健康的にスリムボディを創る『最新版ボディメイク』

講座日時:1月25日(金)午前11時〜

https://ws.formzu.net/fgen/S25820589/


関連記事

  1. 『血糖値の上昇が問題ではない!』

  2. 『新型コロナ遺伝子ワクチンの現況』

  3. 『大豆粉ミルクのリスクとは?』

  4. 『日本でも起こる新型コロナ遺伝子ワクチン接種後のアナフィラキシー反応』…

  5. 『アジェンダ・ベイスド・メディスン(ABM):お粗末すぎる臨床試験論文…

  6. 『ココナッツオイルは新型コロナに効果がある!(再掲)』

  7. 『低血糖は良いことか?』

  8. 『ジョギングをするとなぜお腹が痛くなるのか?』