『二酸化炭素ががんの特効薬』

 

 

二酸化炭素(CO2)も「地球温暖化」という作話によって、悪者になっています。

いやいや、

生物学でも単なるヒトの排出物であって、よい印象がなかったような気がします。

 

 

その反対の酸素はいまだに信仰されていますが・・・・・

 

 

さて、重曹(炭酸水素ナトリウム)、炭酸マグネシウムなどは強力な抗ガン作用(その他多くの健康効果を持つ(^_-)-☆)を持っていることはあまり知られていません。

 

今回、炭酸カルシウムを用いた実験で、ガンの再発を予防する効果があることが報告されています(Nature Nanotechnology (2018)

)。

 

この研究では、炭酸カルシウムと免疫チェックポイント阻害剤(今、売り出し中の抗ガン剤(#^.^#))との混合物を与えています。

その結果、マクロファージ(食細胞)が活性化して、ガン細胞を処理したのです。ガン細胞は通常では、マクロファージでは処理できないように不能の状態に置かれています。

この不能状態のマクロファージが活性化したのは、炭酸カルシウムの炭酸の作用です。

 

 

炭酸は血液中に入ると重炭酸イオンになりますが、細胞内では一部は二酸化炭素に変換されます。

 

 

細胞内で二酸化炭素が増えると糖のエネルギー代謝が回復するのです。

マクロファージが二酸化炭素によって蘇ったために、ガン細胞を処理できたのです。

 

 

 

研究者はこのことを分かっていて、炭酸カルシウムを使ったのかどうかは定かではありませんが、やはり二酸化炭素の力をまた再確認した研究内容でした(#^.^#)。

 

 

二酸化炭素がなぜここまで力を持っているかは、すべてをつなげ合わせると次第に分かってきますので、ご安心ください。

 

 

 

 

関連記事

  1. 『抗生物質の時代は終わった!』

  2. 『WHO短信:新型コロナの死亡率は0.6%!』

  3. 『プーファ本に対する吉富氏の書評について』

  4. 『ワクチン・マトリックスの世界へようこそ』

  5. 『アストラゼネカの新型コロナ遺伝子ワクチンも死亡例続出』

  6. 『現在の中国が権力者のアジェンダを体現している』

  7. 『新型コロナウイルス感染症の死亡率は0.17%!!:CDCの発表』

  8. 『あなたの腰痛の原因は?〜リアルサイエンスシリーズ』