『エッセンシャルオイルと抗生物質』

 

 

 

米国ではライム病というダニによって媒介される感染症がよく起こります。

 

 

 

通常は抗生物質を2~4週間を投与することが治療の中心となっています。

 

 

 

しかし・・・・・

 

 

 

抗生物質が効かない場合が10~20%あるとされています。

 

 

 

 

これはバクテリアは、抗生物質のようなストレスを与えられると、休眠状態に入るという戦略をとるからです(以前にもこのお話をいたしましたね)。

 

 

 

 

そして抗生物質などのストレス環境がなくなると、また休眠状態から覚醒して増殖し始めます。

 

 

バクテリアにこの戦略をとられたら、抗生物質はひとたまりもありません。。。。(休眠中のバクテリアを覚醒させるのは鉄!『続・免疫革命』DVD)

 

 

 

 

そこで休眠状態のバクテリアにも効果をもたらすものが探されています。

 

 

 

 

今回、ガーリックなどのエッセンシャルオイルが、休眠中のバクテリアにも効果があることが報告されました(Antibiotics 2018, 7(4), 89)。

 

 

効果があったのは、

オールスパイス (allspice, Pimenta) 、ニンニク(Allium sativum)、パルマロサグラス(Cymbopogon martini)

コンミフォラ・ミルラ(Commiphora myrrha)、サンナ(Hedychium spicatum)、リツェアクベバ(Litsea cubeba)、シンナムアルデヒド (Cinnamaldehyde)などです。

エッセンシャルオイルが抗生物質よりもリーゾナブルな効果をもつことがエビデンスで示されたということですね(^_-)-☆。

 

関連記事

  1. 『自己免疫疾患が急増している背景は?〜再検証シリーズ』

  2. 『化粧品コーナーで気分が悪くなるのは?』

  3. 『抗生物質の時代は終わった!』

  4. 『甘草クリームは美容に良い??』

  5. 『現代医学が提唱する”究極の若返り法”??』

  6. 『ワクチンの量を減らす方が効果は高い!』

  7. 『保菌者という“幻想”について:WHO 短信』

  8. 『動物園の動物に映る私たちの健康状態』