『子供ができない世界』

子供ができないと悩まれている方がおられるでしょうか?

 

 

 

日本の現代社会ではこれは当然です。

 

 

 

その理由は後にして・・・

 

 

子供ができないのは実は日本だけではありませんでした。

 

 

なんと世界の半数の国で出生率が劇的に低下していることが最新の調査で分かりました(Lancet, November 10, 2018)。

 

 

 

 

 

1950~2017年までの世界各国の出生率を調査しています。

 

 

 

1950年の時点では、子供は平均4.7人。

 

 

2017年には平均2.4人と約半分まで低下しています。

 

 

この減少傾向はさらに進むと予測されています。

 

 

 

日本もヨーロッパも平均2人を切っています。

 

 

 

わたしも子供を自分が持つのが怖かったという苦い思い出あがります。

 

 

 

自分が成熟していないこともありましたが、何より先行きが不安だったことを覚えています(当時は研修医で、生きることで精いっぱいで世の中のことは何も分かりませんでした。今でも生きることで精いっぱいなのは変わりませんが・・・・(#^^#))。

 

 

 

 

子供の数が減っているのは、私と同じような現代社会への不安もあると思いますが、そもそも不妊という問題があります。

 

 

 

 

精子・卵子ともにエネルギーがないために受精できません。受精したとしても着床できない。あるいは着床したとしても、流れてしまう・・・・

 

 

 

これはすべて男性・女性ともに糖のエネルギー代謝が低下しているからです。

 

 

 

 

現代人は完全に「糖悪玉説」にすっかり洗脳されています。

 

 

 

 

こともあろうに糖のエネルギー代謝を止める「プーファ」には無頓着ときています。

 

 

 

人口削減が一つの大きなテーマだったローマクラブの予測では、2050年に人口が老人を支え切れないほど崩壊していくということでした。

 

しかし、実際はそのシナリオよりも速くなりそうです。

 

 

消費財の過剰供給(=大不況)を超えて、人間の余剰という世界レベルの問題を解決するための人口削減計画は、もはや「戦争」という形が必要なくなったのかも知れません。

 

 

 

 

「糖悪玉説」を信じさせれば、自然とプーファ過剰となって黙っていても目標が達成されるからですね。

 

 

 

わたしがなぜリスクを冒して『プーファフリーであなたはよみがえる』から一連の健康常識パラダイムシフトシリーズを書いてきたのか。

 

 

みなさんも早くこの事実に気づいて家族や大事にしている人たちを救ってほしいと願っています。

 

数年前から不妊というテーマで講義を行い、今回それをまとめたDVD(『糖のエネルギー代謝と不妊・PMS・月経不順』)をリリースしました。

わたしの言っていることがさっぱり分からない方は、是非ご覧になって頂ければと思います(^^♪。

 

関連記事

  1. 『アメリカでコロナ死者が多いのはなぜ?』

  2. 『なぜカラスはヒトと変わらない知性を持っているのか?』

  3. 『便秘になるとなぜ顔色が悪くなるのか?』

  4. 『無症状でも新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染???』

  5. 『原因不明の難病も糖のエネルギー代謝が鍵!』

  6. 『新型コロナウイルス感染:いよいよ“真打ち”を登場させる』

  7. 『新型コロナ強制ワクチンの勧め:6つのトリガー』

  8. 『新型コロナウイルス感染と糖質制限の関係』