『こんな時はプロバイオを用いてはいけない!』

 

 

みなさんは、体調が悪いときに、ヨーグルトやキムチを食べたいと思うでしょうか?

 

 

わたしはよほど体調がよくて余力があるとき以外には、酸っぱいものや辛いものを食べません。

 

 

今回、リーキーガットがある状態では、プロバイオはむしろ危険であるという研究内容が報告されました(Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 Nov 6;115(45):E10539-E10547)。

 

 

近日中にリリースいたします『続・免疫革命』DVDに詳述したとおりの結果でした(^_-)-☆。

 

 

プロバイオによって、リーキーガットの改善も認められないばかりか、プロバイオそのものが血液中に入って炎症を引き起こす可能性が示唆されていました。

 

 

すでにその可能性は過去の研究で証明されています。

 

ヨーグルトやキムチなどの乳酸(=強力な毒性物質)やバクテリアが多い物質は、よほど体調がよいときでないと私たちの体内でコントロールできません。

 

 

ましてやリーキーガットが疑われるときにプロバイオのサプリやヨーグルトは勧めてはいけません。

 

 

体調の悪いときは、昔から「消化のよいもの」を食べるというのが伝統でしたよね。

これは消化管でバクテリアが増殖しないようにする(腸内細菌は消化の悪いものをエサにする)ための知恵なのです(^_-)-☆。

 

 

関連記事

  1. 『イソジン消毒は感染症に致命傷である理由』

  2. 『あなたの血管が詰まりかけていることが分かる指標とは?!』

  3. 『あなたの脂肪から炎症が始まる!』~輸血が怖い理由

  4. 『脱プラスチック運動の落とし穴!』

  5. 『2020年の海洋汚染の最大の原因は?』

  6. 『消毒トンネルが出現:消毒は百害あって一利なし〜再検討シリーズ』

  7. 『サイエンスの堕落:アストゼネカの遺伝子ワクチンのまとめ』

  8. 『免疫はブーストしてはいけない〜リアルサイエンスシリーズ』