『糖のエネルギ―代謝を高める必須アミノ酸』

糖や脂肪の話は、最近一般健康本(ほとんど間違っています(^○^))によく出回るようになりました。

 

 

 

タンパク質については筋トレ雑誌以外あまり見かけませんよね。

 

 

 

基礎医学のタンパク質総集編で現在の必須アミノ酸は間違っているとお伝えしてきました。

 

 

 

 

みなさん、現在の必須アミノ酸といわれるものを検索して眺めてください。

 

 

 

ちょっと、これは・・・・・と思うようなものがたくさんあります(*^。^*)。

 

 

 

それで私が新しく必須アミノ酸を定義しています。

 

 

 

 

その中でも欧米のトップアスリートに人気の高いアミノ酸に「ベータ・アラニン」があります。

 

 

 

 

このアラニンというアミノ酸が糖のエネルギ―代謝を高めることが最新の研究でも確認されました(Mol Metab. 2018 Aug 11)。

 

 

 

アラニンは、高脂肪食で糖尿病にしたマウスや細胞実験でも血糖値を低下させたようです。

 

 

 

アラニンはあるシグナル(AMPK(AMP-activated protein kinase ))を活性化して糖の利用を促進したということです。

 

 

 

 

しかし、ここで問題があります。

 

 

 

 

このシグナル経路はいわゆる異化(catabolic)を進めます。

 

 

 

 

糖がない場合は・・・・・

 

 

 

 

どうしますか?

 

 

 

 

そうです。

 

 

みなさんの体の脂肪やタンパク質を砕いてエネルギーにしようとします(これが「シックネス・パターン」とよぶ代謝です(#^.^#))。

 

 

 

 

 

ですから、アラニンも糖と一緒に摂取しないといけません。

 

 

 

 

 

いつもお伝えしているようにタンパク質と糖はセットです(^○^)。

 

 

 

 

 

それはタンパク質が消化されてアミノ酸になりますよね。

 

 

 

 

 

そのアミノ酸が細胞に吸収されるときは、同じく糖も吸収されます。

 

 

 

 

 

これで血糖値が低下していきます。

 

 

 

 

血糖が急下降するとこれはまずいパターンになります(^○^)。

 

 

 

 

 

さて、アラニンはこれ以外にもプーファから産生される猛毒のアルデヒドの悪行やアレルギーなどの炎症の源を止めてくれます。

 

 

 

 

 

糖のエネルギー代謝という側面からアラニンは必須のアミノ酸なのです!(^^)!。

 


 

欧米のエリートアスリートやトップアスリートといわれる人たちが摂取している理由がよく分かりますね(*^。^*)。

 

もちろん、糖とのセットでダイエットにも最強のアミノ酸です!

関連記事

  1. 『女の子、男の子に産み分けることができるか?』

  2. 『お腹の脂肪をとる意外な方法!』

  3. 『「被害者意識」―リアルサイエンスで見た人類史の権力者の特徴』

  4. 『死亡率の増加は、新型コロナウイルス感染だけではない!』

  5. 『ガン治療には抗酸化物質を減らせ!』

  6. 『youtubeの検閲が本格化』

  7. 『感染症の原則:無症状および発症前では感染性はない〜その二』

  8. 『子宮頚がんワクチンのプロパガンダについて』