『甘いもの好きは痩せている!』

広島、大阪と今月のセミナーも無事終了いたしました。

 

今までは私の本や動画などを通じてでしか知ることができなかったけれでも、実際にお会いしてどのような人柄、どのような内容を伝えいるかなどを実感して、はじめて理解が深まったとという声を参加者の方から仰いました。

 

 

やはり私たちの本当の理解は、実際の生身の人間の深い付き合いからしか生じないのですね。

 

 

さて、甘いも好き(砂糖中毒と表現されている)の人ほどスリムであるという研究結果が報告されました(Cell Reports, 2018; 23 (2): 327)。

 

 

遺伝的に砂糖中毒の人ほど体内の脂肪蓄積量が少ないというものです。

 

 

これはサイエンスの見地からみると当然の結果なんです。

 

 

太るのは脂肪であって、砂糖ではないからです。

 

 

 

ただし、現在の”甘いもの”というのは、いつもお伝えしているように「デンプン質+プーファ」あるいは人工甘味料ですから、砂糖、果物、ハチミツといった本当の糖質源とは違います。

 

 

 

この点にはくれぐれもご注意ください(#^.^#)。

 

関連記事

  1. 『新型コロナ感染症に“サイトカインストーム”はない!』

  2. 『カナダでも医師たちが声をあげた』

  3. 『飽和脂肪酸悪玉説ー再考』

  4. 『2020年は人類史の最後の始まり』

  5. 『新型コロナ遺伝子ワクチンの現況』

  6. 『普通に生活したり、良識を持ったりしたら犯罪?〜今週のニュー・ノーマル…

  7. 『新型コロナウイルス感染症と医原病』

  8. 『やはりパンデミックはなかった〜再検証シリーズ』