『ビタミンDがガンを防ぐ』には前提がある!

ここ数日で桜が満開近くまで咲き始めました。

桃の花も咲き始めした。

 

 

昨年は庭の桃の木の実が豊作だったので、イノシシが喜んでいました。

 

 

もう1年になるのですね。光陰矢のごとし・・・・

 

さて、ビタミンD血液濃度が日本人においてガン全体のリスク低下と関連しているという疫学的調査が報告されました(BMJ. 2018 Mar 7;360:k671)。

 

 

 

o0275018314153203010.jpg

 

そうすると日射量の低下する冬場にはガンが増殖しやすいということですね。

 

 

だからといってビタミンDのサプリを摂取するとよい訳ではありません。

 

o0280018014153202975.jpg

 

 

ビタミンDが正常に作用するためには、糖のエネルギ―代謝が回っていることが大前提だからです。

 

 

 

さらにダイエットに良かれと思って体にストレスを与える糖質制限やケトン食では、血液中に増加するプーファ(多価不飽和脂肪酸、オメガ3&オメガ6)やオレイン酸によってビタミンDの作用がブロックされますので注意が必要です。

 

関連記事

  1. 『市販の新型コロナウイルス抗体検査はあてにならない』

  2. 『愛情ホルモンの真実〜リアルサイエンスシリーズ』

  3. 『遺伝子ワクチン接種者を隔離すべき〜検証シリーズ』

  4. 『ファット・バーンは良いことか?』

  5. 『妊婦にワクチンを接種してはいけない』

  6. 『なぜ遺伝子ワクチンは2回接種なのか?』

  7. 『ファスティングでお腹が出るのはなぜか?』

  8. 『仕事の合間の雑談シリーズ〜【続・シリカ(ナノ粒子)の危険】』