Book

『一服の清涼』

 

日本は、梅雨の中日。

青空が久しぶりに広がりましたが、高い湿気でサウナ状態です。

 

そんな時には、やはりフローのある場所に行くのが一番。

 

流れ続けている水(川、滝)は、空気の流れ道にできます。

 

 

それが、そこに立つと冷んやりとした風にあたることで分かります。

 

 

 

まさに自然のクーラーです。

 

画像(動画)は、渓谷の頂上で水が湧き出ているスポットからの映像です。

 

 

この蒸し暑い中、一服の清涼として私たちのこころを癒してくれます。

 

明日からは、東京で第二回目の水の講義(合計3回)です。

 

今回は、3つの講義の中で、もっとも重要なパートになります。

 

この渓谷の山頂から湧き出る水に備わるエネルギーの正体についてお伝えしていきます(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『新型コロナウイルスは再感染しない: 新型コロナウイルスの検査法』

  2. 『大気汚染と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』

  3. 『グリホサート、ネオニコチノイド:添加物の恐ろしさ』

  4. 『新型コロナウイルス感染爆発のカラクリ』

  5. 『アルツハイマー病の特効薬:糖のエネルギー代謝』

  6. 『血糖値の上昇が問題ではない!』

  7. 『アップルジュース再考:環境汚染の指標』

  8. 『リアルサエインエスで斬る:“見返り”を期待するゾンビ集団』