『抗ガン剤の闇〜リアルサイエンスシリーズ』

 

 

ブリックスの首脳会議が終わりましたが、その詳しい内容がマスコミからは一切流れてきません。

 

 

すでに人工ウイルスで世界規模のロックダウン予行演習が成功しています。

 

 

カルフォルニアのハリケーン、ワシントンでの火事など♨️権力者たちが計画していた「クライメイト・ロックダウン(気候変動を理由にしたロックダウン:WEFシュワブの娘が口を滑らせた)」が実行される日が近いのではないでしょうか?

 

日本でもガソリンなどの輸入物の高騰はこれからも続くでしょう。

 

 

これから♨️権力者たちがサイバーアタックが頻回に発生させ、そのソリューションとして中央銀行デジタルマネー(CBDC)へスムーズに移行させる近未来も目に浮かびます。

 

確実に♨️「グレート・リセット」の足音が近づいています。

 

 

さて、今日は抗がん剤についての話題をご紹介します。

 

 

ほとんどの抗がん剤の効果は、確たるエビデンスがないことを示したスウェーデンの最新の研究が報告されています(Cancer Drugs Reimbursed with Limited Evidence on Overall Survival and Quality of Life: Do Follow-Up Studies Confirm Patient Benefits? Clin Drug Investig (2023). https://doi.org/10.1007/s40261-023-01285-4)。

 

抗ガン剤もワクチン同様に、最低限の臨床試験(二重盲検ランダム化比較(RCT))をパスしていないことが露呈されています。

 

抗ガン剤に限らず、新薬のほとんどは、適切な臨床試験を行なっていないため確たるエビデンスがありません。

 

これは、ガンの他の療法である、手術・放射線治療にも同様のことが言えます。

 

 

「ガンに効果がある」という理由で、正常細胞にも毒性をもつ物質を投与するのは“詐欺”にあたります(オメガ3も正常細胞およびガン細胞のいずれにも毒性を発揮する)。

 

なぜなら、ガンは健全な細胞とのコミュニケーションによって処理されていく細胞だからです。

 

 

したがって、健全な細胞に毒性を与える物質は、最終的にはガンを増大・転移・悪性化していく結果に終わるのは自明の理です。

 

 

しかも、抗ガン剤は、健全な細胞に毒性を与えるため、多数の副作用をもたらすことで「生活の質(QOL)」を下げます。

 

確たるエビデンスがなく、むしろ弊害を与える治療こそは、「グレート・リセット」の対象となるものです(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『大麻解禁の罠:サイケデリックはワクチンと同じ目的』

  2. 『変異型の流行というナレーションに無理がある理由』

  3. 『仕事をとるか、遺伝子注射を拒否するのか?』

  4. 『朝食前の運動は危険!』

  5. 『なぜ学歴が高いひとは”バカ”なのか?』

  6. 『空気洗浄機(イオン発生器)はやはり使用してはいけない』

  7. 『ワクチンの基本の仕組み』

  8. 『次のパンデミック対策の柱は、大気汚染の減少』