『億万長者は知性が高いという嘘〜俯瞰シリーズ』

 

ポスト総ワクチン接種時代に入っても、貧富の差は一層激しくなっています。

 

 

米国では、トップ1%の超富裕層が、全体の富の20%を占めています。

 

ヨーロッパのスウェーデンでも、トップ1%の超富裕層が、全体の富の9%を占めています。

 

 

いままで、この貧富の差は、知能・知性の差によるとされてきました。

 

しかし、最新の研究では、これを否定する結果が出ています。

 

 

トップの富裕層は、それ以下の稼ぎの層の人々と比較して、むしろ知性が低いという事実が明らかにされました(Marc Keuschnigg, Arnout van de Rijt, Thijs Bol, The plateauing of cognitive ability among top earners, European Sociological Review, 2023;, jcac076)。

 

富裕層は、教育にお金をかけられます。

 

 

しかし、この教育とは、現代システムの教育であって、オックスフォード、ケンブリッジ、ハーバードなどの有名大学や大学院に入るだけのものです。

 

このような、いわゆるエリート教育で実質的学べることは、「人を出し抜く」ことか、「自分の主張を通す」ことくらいでしょう。

 

 

欧米では、いくつPhD(日本で言う博士号よりも価値が高い)を持っているかで人を評価するくらいです。

 

では、富裕層の子どもは、知性が高いからこれらの大学や大学院に入れるのでしょうか?

 

 

あるいは、これらの大学に入ったら知性が高くなるのでしょうか?

 

その答えは「ノー」です。

 

 

富裕層の子どもが有名大学に入れるのは、お金以外に「コネ」があるからです。

 

 

欧米社会は、日本よりも「コネ」社会です。

 

 

「生まれ」がすべてを決めると言っても良いくらいで、「アメリカン・ドリーム」など存在しません。

 

 

現代システムはすべて「コネ」で動いているのです。

 

 

したがって、そこに知性が発動する場がありません。

 

 

今回の研究では、知性が高いと稼ぎが良くなるのは、たかだか年収700万円くらいまでで、それ以降の年収では知性は関係ありません。

 

 

つまり、富裕層になるために知性が必須なのではなく、生まれてきたバックグラウンド(閨閥、財閥)や“コネ”が必須なのです。

 

この現実を見ても、現代社会は、「正しいことは間違い。間違いが正しい」とされ、すべてが“逆さま”になっていることが分かります(糖質制限、プーファ、エストロゲン、セロトニン、二酸化炭素・・・・)。

 

 

しかも、人間の知性が限りなく退行しています。

 

 

それほど知性の優れていない♨️権力者たちの繰り出す計画は、優れたものになる訳がないのです(^_−)−☆。

関連記事

  1. ◆パレオ協会ニュースレター◆  『胃酸の減少が慢性病を引き起こす〜そ…

  2. 『♨︎が作った末期の現代社会』

  3. 『“糖質制限”で太るメカニズム〜リアルサイエンスシリーズ』

  4. 『ちょとした生活習慣の違いが大きな違いを生み出す!』

  5. 『誰も知らない加工食品のシークレット原材料』

  6. 『南アジアの乳幼児の死亡急増の原因は?』

  7. 『なぜあなたは分かってもらえないのか?』

  8. 『新型コロナウイルスの抗体検査は正確か?』