『なぜ大麻の合法化が叫ばれているのか?〜俯瞰シリーズ』

 

大麻(weed, cannabis)だけでなく、それから抽出した「CBD(cannabidiol)」などがサプリとしてもてはやされています。

 

 

すでにニューレター等で大麻の危険性をリアルサイエンスでお伝えしてきましたが、今回いくつかの最新の研究が散見されましたので、それを踏まえて「なぜ大麻が喧伝されているのか」をお伝えしたいと思います。

 

 

ます、大麻の副作用として、思考能力、やる気の低下、不安や幻聴・幻覚などの精神症状などがあります。

 

 

これは、大麻に含まれるTHC(tetrahydrocannabinol)が原因だとされてきました(Rates and correlates of cannabis-associated psychotic symptoms in over 230,000 people who use cannabis. Transl Psychiatry. 2022 Sep 6;12(1):369)(The acute effects of synthetic intravenous Delta9-tetrahydrocannabinol on psychosis, mood and cognitive functioning. Psychol Med. 2009 Oct;39(10):1607-16)。

 

 

THCは大麻の鎮痛作用などの利点を持ち合わせますが、あまりにも副作用が多いのです。

 

 

その副作用とは過去記事でお伝えしたように、セロトニン作用(嘔吐、幻覚、うつ、不安など)によるものです。

 

 

さすがに大麻の副作用を覆い隠せなくなったので、大麻からTHCをなるべく取り除いて、CBDをサプリにするという動きがここ数年加速しています(CBDオイルには、少なからずTHCが入っている)。

 

 

このTHCの副作用をCBDが緩和するとしてきましたが、これも根拠がないということが最新の臨床研究で明らかにされています(Does cannabidiol make cannabis safer? A randomised, double-blind, cross-over trial of cannabis with four different CBD:THC ratios. Neuropsychopharmacology. 2022 Nov 16. doi: 10.1038/s41386-022-01478-z)。

 

 

したがって、CBDそのものには、大麻の副作用と呼ばれている点もなければ、利点もありません。

 

 

逆に、CBDにも糖のエネルギー代謝を低下させる作用があります(基礎医学ニュースレター『CBDオイルは新型コロナに効く??』参照)。

 

 

したがって、CBDも高濃度で摂取すると危険です。

 

 

さて、大麻がプロモーションされているのは、私たちの判断力やる気を削いでゾンビ状態にキープできるということだけにとどまりません。

 

最新の研究で、大麻が血管を詰まらせる作用があることが報告されています(Impact of Cannabis Use on Outcomes after Lower Extremity Bypass. Annals of Vascular Surgery, 2022; DOI: 10.1016/j.avsg.2022.09.037)。

 

 

大麻は、血管を閉塞させることで、男性不妊(勃起不全)を引き起こします(The relationship between cannabis and male infertility, sexual health, and neoplasm: a systematic review. Andrology. 2019 Mar;7(2):139-147)。また保護ホルモンであるテストステロンの産生を低下させます(Chronic exposure to delta-9-tetrahydrocannabinol impacts testicular volume and male reproductive health in rhesus macaques.Fertil Steril. 2022 Apr;117(4):698-707)(Effects of marijuana on testosterone in male subjects. J Theor Biol. 1983 Oct 21; 104(4):685-92)。

 

 

大麻には、男性側の生殖能力を低下させる重要な作用があるのです(The Effect of Marijuana on the Incidence and Evolution of Male Infertility: A Systematic Review.. Cureus. 2021 Dec 2;13(12):e20119)。

 

 

つまり、♨️念願の人口削減に寄与するということです。

 

血管の閉塞や不妊は、まさしくセロトニンの作用そのものです。

 

 

良識(判断力)を鈍らせて反抗力を削ぎ、従順にさせる。

 

そして、人口削減にも貢献するという一粒で二度美味しい物質が「大麻」なのです(^_−)−☆。

 

 

 

ちなみに、白人の住むヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリアでは、不妊の指標となる男性の精子数の減少傾向が加速していることが2017年に報告されていましたが、それらの白人の住む地域だけでなく、アフリカ、アジアなどでも同様の傾向が認められていることが最新の研究でも明らかにされています(Temporal trends in sperm count: a systematic review and meta-regression analysis of samples collected globally in the 20th and 21st centuries. Human Reproduction Update, 2022; DOI: 10.1093/humupd/dmac035)。

関連記事

  1. 『世界一の新型コロナワクチン接種国にパンデミック第二波??』

  2. 『フードファシズム:「栄養素」という還元主義!』

  3. 『有害事象(副作用)と遺伝子注射の関連性は自明』

  4. 『フッ素の恐ろしさ』

  5. 『ジョーンズ氏のプランテーション(奴隷牧場):私たちの現実社会』

  6. 『ウイルスの感染を媒介するホルモン!』

  7. 『リアルサイエンスは抑圧された:医療―政治複合体』

  8. 『私のワクチンシェディング肺炎へのご質問〜リアルサイエンスシリーズ』