『ストレスと遺伝子の関係〜リアルサイエンスシリーズ』

 

権力者が開発した現代医学では、この100年間唱え続けられている中心的なドグマがあります。

 

 

それは何でしょうか?

 

 

「あなたの人生(知能、健康、運命など)は遺伝子で決定されている」

 

とするドグマです。

 

これを「遺伝子決定論」といいます。

 

もちろん、このドグマに反対した良識のあるサイエンティストも存在しています。

 

しかし、彼らは「変わり者」という烙印を押されて、歴史の中に埋没されました。

 

真実は彼らのドグマとは真逆で、環境が遺伝子を変化させます。

 

生命体は、環境に適合していくには、柔軟に遺伝子という設計図を変更して対応しなければならないからです。

 

 

さて、遺伝子ワクチンというストレスが遺伝子に与える影響を調べた研究が報告されています(Four cases of cytokine storm after COVID-19 vaccination: Case report. Front Immunol. 2022 Aug 15;13:967226)。

 

遺伝子ワクチン未接種者と比較して、遺伝子ワクチンというストレスによって、390の遺伝子が活性化される一方、115の遺伝子が不活性化されていることが判明しました。

活性化されている遺伝子の中には、炎症、サイトカインストームを加速させるものが含まれていました。

 

つまり、遺伝子ワクチンというストレス物質が、炎症を加速させる遺伝子を活性化させて、全身に炎症を引き起こすことが明らかになっているのです。

 

これは、体内に入った強力な毒性物質を排除するために、炎症というメカニズムを使用しているのです。

 

このように環境の変化こそが、遺伝子(の発現)を左右しています。

 

「遺伝子決定論」は、彼ら権力者の“思想”(妄想)にすぎないことがリアルサイエンスで証明されています(^_−)−☆。

 

関連記事

  1. 『ヨーロッパ人はなぜお酒に強いのか?』

  2. 『新型コロナ経口薬「モルヌピラビル(molnupiravir)」の臨床…

  3. 『ワクチンパスポート誘導の前のそもそも論』

  4. ガンの検査は受けた方がいいのか?

  5. 『“安楽死”の勧め〜俯瞰シリーズ』

  6. 『遺伝子ワクチン接種者から感染する仕組み』

  7. 『縮毛矯正剤と子宮ガン〜毒性物質シリーズ』

  8. 『抗酸化物質・糖尿病薬はガンを促進する!』