『インフレパンデミック:植物食・昆虫食・培養食への誘導〜俯瞰シリーズ』

 

デンマーク当局が、先日50歳以下ではブースターショットを推奨しないと発表したことが欧米では話題となっています(https://www.sst.dk/en/English/Corona-eng/Vaccination-against-COVID-19?utm_source=substack&utm_medium=email)。

 

 

我が国は、米国で破棄された初期のオミクロン対応遺伝子ワクチンを大量購入(もちろん私たちの血税です)したために、ワクチン接種プロモーションがさらに加速しています・・・・・・

 

 

さて、米国やヨーロッパでは目に見える形で悪性インフレが拡大しています。

 

 

その中で最も切り詰める対象となるのが食費です。

 

食べ盛りの子供がいる家庭では、なおさらです。

 

動物性食品の値上がりが激しいため、合成の植物性にシフトせざるを得ません(『Why Inflation Is Hitting Single Parents Hardest』TELL ME BEST)。

 

やがてインフレが進行すると、植物性食品の購入も難しくなり、配給制(food banks)の昆虫および培養食になることは目に見えます。

 

私たちは、コビットなどではなく、インフレの人工パンデミックに侵食されているのです。

 

日本では、ひとり日銀が札を刷りまくって、暴落前のドルに対しても急激な円安となる惨事(ハイパーインフレーションです)を招いています。

 

 

もちろん♨️世界支配層の命令です。

 

 

近日中に日本が海外に完全にオープンになりますから、そのときから日本の国土を含めたあらゆる資産がバーゲンセールとなります。

 

 

コビットは欧米の白人層を破壊するためのプロットでしたが、その前に日本を徹底的に解体して安値で買取られることが決定しているのです。

 

 

日本は間も無く世界でも最も激しいインフレーションに見舞われるでしょう。

 

すでに食費を極限に切り詰めている日本の多くの家庭で、これ以上の圧政に耐えられる余力がありません。

 

これも彼らが作った現代社会システムにどっぷり浸かって、思考することそして自助努力を怠ってきたことで、狭い利権のことしか執着しなかった日本人の末路といえるでしょう。

 

 

インフレを加速させて日本を破綻させる政治家や官僚たちに怒りの矛先をむけても仕方ありません。

 

 

彼らは、自分の小さい利権にしか視野がないからです。

 

 

このような輩が運営する現代社会システムと早く決別し、リアルサイエンスに基づいて今後の行動を決めていくことを自ら再確認している日々です(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『ガンを増大させる処方薬とは?』

  2. 『[入門編]世界一やさしい はちみつの教科書』

  3. 『慢性疲労と乳酸の関係!』

  4. 『あまり脂肪を摂取しない方がよい時間帯とは?』

  5. 『副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)の真実』

  6. 『変異型による感染爆発の中身は?』

  7. 『どちらが痩せる??ローカーボ VS ローファット』

  8. 『ネクスト・パンデミックはバイオテロ??』