『カフェインはなぜ現代人の心身に良いのか?〜リアルサイエンスシリーズ』

 

[カフェイン悪玉説]は、長らく日本の一般健康ポップカルチャー(健康本、雑誌など)で唱えられています。

 

先日のクラブハウスでも、カフェインの効能とリアルサイエンスをお伝えしました。

 

 

一方、現代医学では、カフェインが主成分であるコーヒーの効能を認めています。

 

2019年メタ解析研究では、コーヒーの摂取量が多いほど、あらゆる原因による死亡率が低下することが報告されています(Coffee consumption and all-cause and cause-specific mortality: A meta-analysis by potential modifiers. Eur J Epidemiol. 2019;34(8):731–52)。

 

 

その他にも、ガン、糖尿病、心臓血管疾患、認知症などのリスク低下効果も報告されています(Coffee and cancer risk: A meta-analysis of prospective observational studies. Sci Rep. 2016;6:33711)(Coffee consumption and reduced risk of developing type 2 diabetes: A systematic review with meta-analysis. Nutr Rev. 2018;76(6):395–417)(Habitual coffee consumption and risk of cognitive decline/dementia: A systematic review and meta-analysis of prospective cohort studies. Nutrition. 2016;32(6):628–36)(Long-term coffee consumption and risk of cardiovascular disease: A systematic review and a dose-response meta-analysis of prospective cohort studies. Circulation. 2014;129(6):643–59)。

 

しかし、現代医学の限界は、そのコーヒーの効能をカフェインではなく、抗酸化物質としているところです。

 

 

そうではありません。

 

 

コーヒーの効能はカフェインによるものです(カフェインは抗酸化物質の毒性を消してくれる)。

 

 

 

なぜなら、カフェインは糖のエネルギー代謝を高めるからです(A double-blind, placebo-controlled study of its thermogenic, metabolic, and cardiovascular effects in healthy volunteers. Am J Clin Nutr. 1990;51(5):759–67)。

 

したがって、カフェインは糖質と一緒に摂取しないといけません。

 

 

カフェインは車のエンジンの回転を高めるものですので、その燃料を一緒に入れてあげないとエンジンが空回りして、故障の原因になります。

 

 

コーヒーなどのカフェインを含むものを摂取して気分が悪くなる人は、十分な糖質を一緒に摂取していないことによるものです。

 

 

糖のエネルギー代謝が低下している現代人には、[カフェイン+糖質]は必須になります。

 

さらに現代人に特徴的な現象として、エストロゲン過剰があります。

 

 

特に日本人はマスク着用に従順ですから、マスクのプラスチック製剤(エストロゲン作用)のナノ、マイクロ粒子を大量に吸いこみ、ますますエストロゲン過剰状態になっています。

 

 

エストロゲンは心身に渡る慢性病の源です。

 

 

カフェインは、そのエストロゲンを抑制する作用があります(Acute effects of decaffeinated coffee and the major coffee components chlorogenic acid and trigonelline on glucose tolerance. Diabetes Care. 2009;32(6):1023–5)(Caffeinated beverage intake and reproductive hormones among premenopausal women in the Biocycle study. Am J Clin Nutr. 2012;95(2):488–97)(Relationship between caffeine intake and plasma sex hormone concentrations in premenopausal and postmenopausal women. Cancer 2009;115:2765–74)。

 

もちろんシェディング対策にも[カフェイン+糖質]は強力な味方になります(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『やはりマスクは危険である』

  2. 『フードファシズム:「栄養素」という還元主義!』

  3. 『“新規”感染者というプロパガンダ』

  4. 『PCR検査の議論について』

  5. 『米国を混乱させて国家を破壊する大統領選』

  6. 『体が入れ替わると人格が変わる??―トランスヒューマニズムの研究』

  7. 『最もポピュラーなサプリの効果は?』

  8. 『がん検診に意味はない!〜リアルサイエンスシリーズ』