『忍び寄るインフレと食糧危機』

 

ガソリン価格の高止まりに代表されるように物価が高くなってきています。

 

 

米国では、2020年から牧場が閉鎖に追い込まれる傾向が加速しています。2022年に入ってからも、複数の牧場が焼き払われていることが記事になっています(『Fire engulfs large barn that had livestock inside it at dairy farm in Ringwood』 Lake and McHenry County Scanner, January 12, 2022)(『Teen arrested in connection with New York fire that killed about 100 cows』MSN, January 13, 2022)(『‘Deeply devastated.’ Fresno County raw milk dairy loses creamery to blaze, owner says』 Fresno Bee, JANUARY 09, 2022)。

 

2021年末から乳製品の不足が伝えられるようになっています(『The surprising reason you can’t find cream cheese anywhere』 CNN Business, December 18, 2021)。

 

Mariko Ydaさんのカナダからのご報告からも、ワクチンパスポートを利用したサプライチェーンの寸断が進んでいます(https://twitter.com/1maidencanada1/status/1481594116727185409?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1481594116727185409%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=)。

ロシアとの緊張状態を維持したいNATOは、サイプライチェーンのサイバーアタックがロシアからあった場合のシュミレーションをしているとしています(『EU to Stage Large-Scale Cyberattack Exercise on Supply Chains』 Bloomberg, Jan 12, 2022)。

 

繰り返されるロックダウン、サプライチェーンの破壊によって、“人為的”に演出された食糧危機およびインフレが私たちの生活に忍び寄っています。

 

ここに先日終了したダボスでシュミレーションしていたサイバーアタックという人為的な演出が加わることで、今年の「ニュー・ノーマル」の幕開けが起こりそうです。

 

私たち日本人は、これまでもそうでしたが、今日もご飯を食べられることに感謝を噛み締めるだけです。

 

 

しっかり地に足をつけて、フェイクパンデミックの時のように決して“裸踊り”させられないように静観していきましょう。

 

 

https://paleo.or.jp/bkmail/12322/

◆パレオ協会ニュースレター◆

『忍び寄るインフレと食糧危機』

 

関連記事

  1. 『精神科は精神病よりも重症である』

  2. 『間欠的断食でも勧めない理由』

  3. 『アンチエイジングはプーファフリーから』

  4. 『市販の新型コロナウイルス抗体検査はあてにならない』

  5. ガンの検査は受けた方がいいのか?

  6. 『●●業界の偽旗工作:”エビデンス(真実)”を隠蔽する方法』

  7. 『ワクチン強制接種を呼びかける医師の実態』

  8. 『運命の1月6日:米国の民衆の力』