『遺伝子ワクチン接種を拒んだ医師の自殺』

 

ドイツで痛ましい悲劇が起きました。

 

 

ドイツのクリニック(Chemnitz Clinic)の責任者を務めていたトーマス・ジェンジズ(Dr Thomas Jendges)医師が昨日(2021年11月23日)クリニックのビルから飛び降り自殺したことが確認されました(『Germany | Dr Thomas Jendges Head of Clinic, Commits Suicide “COVID-19 Vaccine Is a Genocide”』STESS English News , Nov 23, 2021)。

 

53歳の若さで、妻と子供一人を残しての逝去でした。

 

彼は、自殺前に残した遺書に、今回の実験的な殺戮遺伝子ワクチンは、実際は入念に作られた生物兵器であり、人類に対する大量殺戮(genocide)という犯罪であると批判しています。

 

毎日、新型コロナ遺伝子ワクチンを接種する人々に絶え間なく嘘を言い、「副作用がない」と騙すのにはもう耐えられなくなったとあります。

 

市長からは、国の強制ワクチンという方針に従わないと解雇するという圧力も受けていたようです。

 

 

トーマス・ジェンジズ医師は遺書を公開するように書き残したようですが、市長はその公開を妨害しようとしたとしています。

 

 

良識のある医師がまだ存在していることに希望が持てましたが、その一方で守るべきは家族であって自殺の他に何か手段がなかったのかが悔やまれます。

 

日本でもまだワクチンが本当に必要だと「病原体仮説」を信じ込んでいる医師たちが大半です。

 

今後の現代医学の医師という職業は、権力者の手足(しもべ)となる、つまり犯罪に加担することが今回のフェイクパンデミックで明らかになったと思います。

 

良識のある人間であれば、医師に限らずこの現代システム内での職業の継続は不可能になってくるでしょう。

 

トーマス・ジェンジズ医師のご冥福をお祈りします。

関連記事

  1. 『粉ミルクで精神・感情がダメージを受ける!』

  2. 『うつ病もウイルス感染症か??』

  3. 『遺伝子ワクチン接種者を隔離すべき〜検証シリーズ』

  4. 『ウイルスはガンを発生させるのか?』

  5. 『WHO通信:幽霊の正体見たり枯れ尾花(ススキ)』

  6. 『完熟バナナは安全か?』

  7. 『ニキビ再考』

  8. 『世界一の新型コロナワクチン接種国にパンデミック第二波??』