『フェイクパンデミックの本性が露(あらわ)に〜全体主義の到来』

週末からオーストリアの話題で持ちきりです。

 

 

遺伝子ワクチン未接種の人のみにロックダウンを施行することを決定しましたが、今度は国民全員に強制接種を2022年2月から予定しているといいます(『Austria plans compulsory Covid vaccination for all』The Guardian, 19 Nov 2021)。

 

 

 

これに反対した人は罰金が課せられますが、お金を支払わない場合は牢屋行きとなります。

 

これは、警察や軍隊が遺伝子ワクチン未接種の人のみを取り締まることに渋々従っているだけで、あまり有効性がないから(積極的に取り締まらない)次の手段に出たのでしょう。

 

これは同時に世界の遺伝子ワクチン未接種者に対して、心理的に恐怖を与えて誘導する常套手段(fear-mongering)でもあります。

 

 

ここは、ヨーロッパとシンガポールやオーストラリア(ボランティア、警官や軍隊がここぞとばかりに取り締まる(^_−)−☆)との大きな違いです。

 

シンガポールでは、 2022年からはPCR検査の結果陰性でも、遺伝子ワクチン未接種者は建物に入れないようになりました(『Covid-19: From Jan 1, voluntarily unvaccinated people can’t show negative test result to bypass entry curbs』TODAY, NOVEMBER 21, 2021)。

 

People at Admiralty on Aug 22, 2021. Population generic. Senior citizens. Photo: Ooi Boon Keong/TODAY

もはやPCRの結果は関係なく、遺伝子ワクチンを接種だけが必要事項となっています。

 

 

あれだけPCRの結果が全てであったフェイクパンデミックは、2年もたたないうちに、それを廃止するのです。

 

 

フェイクパンデミックの本音(遺伝子ワクチン接種およびワクチンパスポート導入)が丸見えとなった訳です。

 

 

 

遺伝子ワクチン接種者の中には、自ら進んで接種した人間だけでなく、仕事や生活上の不便を考えて接種した人たちもたくさん存在しています。

 

 

この人たちは、遺伝子ワクチン接種開始後にむしろ感染爆発が起こっているという現状にフラストレーションを貯めています。

 

そして、「もしかして遺伝子ワクチンは効果がないのかも?」と疑問と怒りを持ち始めています(blind anger)。

 

 

彼ら遺伝子ワクチン接種者が、その秘めた怒りの矛先を向けるのが、私たち良識者です。

 

米国でも暴力事件が多発しています(『Deadly road rage incidents across U.S. have police increasing presence on streets』CNBC, July 9, 2021)。

 

 

怒りを抱えたものには正論や論理は通用しません。

 

 

ただ、共感してあげることが必要です。

 

 

したがって、私たちは遺伝子ワクチン接種者を「被害者扱い」するのではなく、共感して興奮を抑えてあげることが、彼らの暴力を抑制する唯一の手段となります。

 

しかし、権力者は遺伝子ワクチン接種者の暴発まで計算に入れていたのでしょうか?

 

もちろん、遺伝子ワクチン接種者の憂鬱(ゆううつ)や攻撃性は、現代社会の生活習慣あるいは遺伝子ワクチンによる炎症からのセロトニン・エストロゲン過剰から来ています(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『鎮静薬と新型コロナ死亡の関係』

  2. 『「今年は暑い!」のプロパガンダ:放射能汚染は続く〜俯瞰シリーズ』

  3. 遺伝子編集はなぜヤバイのか?

  4. 『カンジダが増殖する理由』

  5. 『アラスカでのガンの上昇は?』

  6. 『え!?まだ植物油脂を使ってるの?』

  7. 『有害事象も他の原因より深刻な遺伝子枠●●』

  8. 『思考能力は生活習慣から〜リアルサイエンスシリーズ』