『便秘でボケる:遺伝子ワクチンで認知症になるメカニズム』

2020年のパンデミック宣言の後から、すでにパーキンソン病などの認知症を引き起こす神経変性疾患と新型コロナウイルス感染との関係が報告されていました(Parkinsonism as a Third Wave of the COVID-19 Pandemic? J Parkinsons Dis. 2020; 10(4): 1343–1353)。

 

 

 

なぜパーキソン病やアルツハイマー病などの認知症を伴う脳神経変性疾患が、遺伝子ワクチン接種後に起こるのでしょうか?

 

これは、便秘が認知症の原因になることがヒントです(Constipation is Associated with Development of Cognitive Impairment in de novo Parkinson’s Disease: A Longitudinal Analysis of Two International Cohorts J Parkinsons Dis . 2021;11(3):1209-121)。

 

 

便秘による腸内微生物の増殖は、エンドトキシン(内毒素)という炎症物質を増やします。

 

このエンドトキシンは、血液内に入ると、白血球などのあるアンテナ(TLR-4)を過剰刺激して激しい炎症を引き起こします。

 

その結果、様々な認知症を引き起こす神経変性疾患が引き起こされます(The endotoxin hypothesis of neurodegeneration. J Neuroinflammation. 2019; 16: 180)。

 

新型コロナウイルスや遺伝子ワクチンによって形成されるスパイクタンパク質は、このアンテナ(TLR-4)を過剰刺激して激しい炎症を引き起こすことで、脳神経細胞にダメージを与えるのです(Possible Link between SARS-CoV-2 Infection and Parkinson’s Disease: The Role of Toll-Like Receptor 4. Int J Mol Sci. 2021 Jul; 22(13): 7135)。

 

最新の研究では、スパイクタンパク質以外にも新型コロナウイルスなる人工遺伝子(遺伝子によって産生されるタンパク質分解酵素)によって、脳の関所となっている血管(blood-brain barrier)の内皮細胞を死滅することがマウスの実験で確かめられています(The SARS-CoV-2 main protease M pro causes microvascular brain pathology by cleaving NEMO in brain endothelial cells. Nat Neurosci. 2021 Oct 21. doi: 10.1038/s41593-021-00926-1)。

 

これによっても脳神経障害が起こる可能性も指摘されています。

 

メインストリームの医学とマスコミは、「遺伝子ワクチンと脳神経障害とは因果関係がない」と言い張れるのも時間の問題でしょう(^_−)−☆

関連記事

  1. 『筋肉(全身)に記憶を刻む!』

  2. 『若い不健康な痩せ型女性の増加の原因は?』

  3. 『フッ素の安全基準値は存在しない〜俯瞰シリーズ』

  4. 『砂糖入りのジュースの正体〜〜リアルサイエンスシリーズ』

  5. 『WHOの方針転換についての記事〜俯瞰シリーズ』

  6. 『血液を浄化する???』

  7. 『チャイルドシートの危険性』

  8. 『今年のトレンド:この二種類の邪悪な人間にご留意を〜俯瞰シリーズ』