『自然界に新型コロナウイルスは存在しない〜再検討シリーズ』

 

遺伝子ワクチンの事実上の強制だけでなく、法的にも強制する動きが世界各地で勃発しています。

 

このワクチンという近代医学の発明品は、ウイルスという一度も存在を証明されていない「お化け(bogyman)」の存在を前提としています。

 

新型コロナウイルスに関しては、その存在証明ができていないのにも関わらず、PCRや遺伝子ワクチンなどと権力者の投資する案件に多額の資金が注ぎ込まれました。

 

さて、新型コロナウイルスが存在しないという証拠はどこにあるでしょうか?

 

それは、新型コロナウイルスを検知するものとして、PCRキットを緊急使用を認定した政府当局(CDC,FDA)自身のレポートに告白されています(CDC 2019-Novel Coronavirus (2019-nCoV) Real-Time RT-PCR Diagnostic Panel . CDC-006-00019, Revision: 07 CDC/DDID/NCIRD/ Division of Viral Diseases Effective: 07/21/2021)。

 

2020年2月に米国疾病予防センター(CDC)がPCRに関する文書を公表しています。2021 年7月が最新のバージョンになっています。

 

 

この文書のP40に記載されている内容が非常に重要です。以下に翻訳します。

 

 

「PCRキットが開発された当時は、新型コロナウイルス感染者からのウイルスの分離ができていなかった。従って、新型コロナウイルスを検知するPCRキットの妥当性は、遺伝子バンク(GeneBank)からのRNAの情報を元にして、その遺伝子をヒト細胞(human A549 cells)に振りかけたものを擬似サンプルとして調べた。」

 

となっています。

 

つまり、ヒトの細胞に遺伝子や各種の薬剤などを振りかけて死滅させたものをスープ状にしたもの、これから抽出した遺伝子を新型コロナウイルスとしているのです。

 

 

 

ドイツのドロステン(Christian Drosten)氏のPCR論文にもこのことが明記されています(Detection of 2019 novel coronavirus (2019-nCoV) by real-time RT-PCR. Euro Surveill. 2020 Jan 23; 25(3): 2000045)。

 

 

 

この論文にも「分離されたウイルスなしに、合成遺伝子技術を用いてPCRによる検知法を開発した」としています。

 

 

 

その根拠は驚きを通り越したものです。

 

 

「サーズコロナウイルスと近いという仮定に基づいて合成遺伝子技術を用いて、新型コロナウイルスのPCR検査法を開発した」とあります。

 

 

 

サーズコロナウイルスと近い????

 

 

まだ分離も成功していないウイルスをなぜサーズに近いコロナウイルスと仮定できるのでしょうか?

 

 

 

このように、当時から分離もされていない仮想のウイルス(遺伝子)に基づいて設計された検査によって、日夜、新規感染、重症者、死亡者などと騒いでいるのです。

 

 

ウイルスの存在もなければ、それを検知する検査も存在せず、その検査で感染者や死亡者も存在する訳がありません。

 

 

流石にCDCも、新型コロナウイルスの存在証明ができないばかりでなく、それに基づいた仮想のPCR検査のデタラメさを自覚しているのか、FDAに申請していたPCRの緊急使用許可を取り下げるつもりのようです(Lab Alert: Changes to CDC RT-PCR for SARS-CoV-2 Testing. CDC, 07/21/2021)。

これでPCRパンデミックは無くなるでしょう。

しかし、次にPCRに変わるドル箱となる検査法(ヒトを病原体に仕立て上げるRFID(拙著参照))を用意しているのは間違いありません。

 

 

自然界に新型コロナウイルスなる物質が存在しないとなると、PCRや遺伝子ワクチンの存在理由だけでなく、それを強力に推し進める各国政府(世界政府の僕)の存在理由も無くなります(^_−)−☆。

 

関連記事

  1. 『抗酸化物質はがんを増大させる!』

  2. 『ワクチンはより危険な変異型を生み出すのか?〜考察シリーズ』

  3. 『“太る”のはあなたのせいではない!』

  4. 『なぜ小さい両親から背の高い大きな子供が生まれるのか?』

  5. 『嗅覚とアンチエイジング』

  6. 『なぜ権力に唯々諾々(いいだくだく)と従うのか?』

  7. 『あなたに「マインドフルネス」は必要か?!』

  8. 『副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)の真実』